新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年10月28日 11時00分 UPDATE

メッセージアプリに新顔! Facebook、Twitter、mixiのIDで利用できる「RingReef」、ビッグローブが公開

Facebook、Twitter、mixiのアカウントを使ってログインし、グループチャットを楽しめるスマートフォン向けアプリ「RingReef」をNECビッグローブが公開した。iPhone版とAndroid版のほか、PCからの利用にも対応した。

[笹山美波,ITmedia]
画像 RingReef

 ネイバージャパンの「LINE」や韓国発の「カカオトーク」といったメッセージアプリが人気を集めるなか、また1つそれらのライバルとなりそうなサービスが登場した。NECビッグローブが10月28日に公開した「RingReef」。Facebook、Twitter、mixiのアカウントを使ってログインし、グループチャットできる。iPhoneアプリAndroidアプリのほか、PCからも利用できる。価格は無料。

 自由にメンバーを選んでグループを作成し、リアルタイムにコミュニケーションしたり、写真を共有したりできる。自分や関連するグループあてにメッセージが送信されると、プッシュ通知される仕組み。グループは公開・非公開を選べるため、用途に合わせて使える。利用するには、RingReefにメールアドレスとパスワードを登録するか、Facebook、Twitter、mixiのアカウントを使ってログインするかを選べる。

 Facebook、Twitter、mixiのアカウントを利用すると、各サービスの友達リストをRingReefにインポートでき、各サービスに散らばっている友達を集めてグループを作成することが可能。スマートフォンのGPS機能を活用し、近くにいるユーザー同士でグループを作成する機能も備えているため、パーティーの会場などで個別に連絡先を交換する手間なく、スムーズにやり取りできるという。


画像 グループで共有した画像は「共有アルバム」として閲覧できる
画像 位置情報を送信すると、近くにいる人が表示される。SNS上で友人同士でなくともメンバーに追加できる

 メッセージアプリとしては、利用者が世界で2200万人以上という韓国Kakao Corporationの「カカオトーク」や、通話機能も備え、10月に300万ダウンロードを突破した「LINE」がすでに人気を集めている。カカオトークとLINEは初期設定で電話番号を登録する必要があるが、RingReefは各種SNSのアカウントで始められるのが特徴。PCにも対応することで、長文のやり取りが必要になるビジネスシーンでの利用も提案していく。

 今回公開したアプリは英語版となっており、日本語版は11月末に公開する予定。スマートフォンの加速度センサーを利用し、端末同士を軽くぶつけるとグループを作成できるといった新機能も計画している。今後1年間で1000万ユーザーの獲得を目指しており、ユーザーが増えてくれば、バナー広告を掲載したり、位置情報と関連付けたタイアップ広告を出すといった手法で収益化を図っていく。ユーザー課金も検討しており、2013年度に4億円の収益を見込んでいる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事