新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年10月31日 14時19分 UPDATE

ジョブズ氏の妹が追悼文 最期の言葉語る

ジョブズ氏の妹で作家のモナ・シンプソンさんがNew York Timesに追悼文を寄稿。同氏との思い出を語っている。

[ITmedia]
ah_jobs.jpg ジョブズ氏追悼サイト

 10月5日に亡くなったApple創設者スティーブ・ジョブズ氏の妹で作家のモナ・シンプソンさんが10月30日、New York Timesに「スティーブ・ジョブズへの妹の追悼」を寄稿した。

 ジョブズ氏は生まれてすぐに養子に出されたため、シンプソンさんが同氏に初めて会ったのは1985年、25歳のときだった。初めて会ったジョブズ氏は「ジーンズをはいた同年代の男性で、アラブ人またはユダヤ人風に見え、(俳優の)オマル・シャリーフよりハンサムだった」とシンプソンさん。同氏はコンピュータ関係の仕事をしていると言い、とんでもなく美しいものを作ろうとしていると話した。

 シンプソンさんは、ジョブズ氏が最も重んじていたのは目新しさではなく、美しさだったこと、トレンドやギミックは好まなかったこと、イノベーターにしては非常に忠実で、気に入ったシャツがあれば10着でも100着でも注文したことを語っている。また、若くして成功した同氏は、その成功が自身を孤立させていると感じていた。同氏の選択の多くは、自身を取り巻く壁をなくすためのものだったという。百万長者でありながら、同氏はいつもジーンズ姿で空港に妹を迎えに来た。「スティーブは謙虚だった。学び続けることが好きだった」

 病気になってからも、ジョブズ氏は具合のいいときにはプロジェクトを始め、Appleのスタッフからプロジェクトを完成させるという約束を引き出していた。船を作って家族で旅をする計画も立てていた。その計画はかなわず、ジョブズ氏は5日、彼女や妻のローリーンさんに看取られて亡くなった。最期の言葉は「OH WOW. OH WOW. OH WOW」だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー