ニュース
» 2011年11月04日 08時36分 UPDATE

東京メトロと都営地下鉄の「壁」なくす 九段下駅で乗り換えしやすく

東京都交通局と東京メトロは九段下駅のホームとコンコース階の一部の壁を撤去し、乗り換えをしやすくする。

[ITmedia]

 東京都交通局と東京メトロは11月2日、今後のサービス一体化の取り組みについて明らかにした。乗り換えの利便性向上を図るなどの施策を予定している。

 乗り換え改善施策の1つが、九段下駅のホームとコンコース階の一部の壁を撤去するというもの。同駅で都営新宿線とメトロ半蔵門線を乗り継ぐにはいったん改札を出る必要があったが、壁の撤去によって同一ホームでの乗り換えが可能になる。2011年中に着手し、2012年中の完成を目指す。

ah_subway.jpg

 また、これまで駅が近かったのに乗継割引がなかった岩本町駅(都営新宿線)と秋葉原駅(メトロ日比谷線)の間で70円の乗継割引が適用されるようにする。改札通過サービスとして、春日駅・後楽園駅でメトロ丸ノ内線・南北線の利用者が都営大江戸線・三田線の駅構内を通過して、都営線側の出口を使えるように、市ケ谷駅で都営線利用者がメトロ側出口を使えるようにする。これらの施策は既に着手しており、2012年度中に実施予定。

 本郷三丁目駅の連絡通路整備、六本木駅の改札通過サービスなどほかの乗換利便性の向上施策も条件の整ったものから順次実施するとしている。

 ほかにも、東京都交通局と東京メトロは通算運賃制度や乗継割引の拡大、震災等発生時の連携などについても一体的に取り組むとして引き続き協議していくという。

関連キーワード

東京 | 乗り換え | 東京メトロ | 地下鉄


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう