ニュース
» 2011年11月04日 17時49分 UPDATE

BGMがワインの味に影響 重厚な音楽は重厚な味に――英研究者が報告

重厚な音楽を聴きながらワインを飲むと、重厚な味に感じる――BGMがワインの味に影響するという実験結果を英国の研究者が発表した。

[ITmedia]
ah_wine.jpg

 音楽を聴きながらワインを飲むと、曲によって味の感じ方に違いが出てくる。英国の研究者がこのような実験結果を発表した。

 実験では250人の大学生(男女半数ずつ)を5つのグループに分け、うち4つは15分間音楽を聴きながら2005年のアルファ・カベルネソーヴィニヨンまたはチリ産シャルドネを飲んでもらった。音楽は力強く重厚なカルミナ・ブラーナ、繊細で洗練されたチャイコフスキー「くるみ割り人形」の「花のワルツ」、活発で元気の出るNouvelle Vagueの「Just Can't Get Enough」、落ち着いていてソフトなマイケル・ブルックの「Slow Breakdown」。残る1つのグループはBGMなしでワインを飲んだ。

 学生にワインの味を評価してもらったところ、カルミナ・ブラーナを聴いたグループは、ワインの味を「力強く重厚」と評価し、Slow Breakdownを聴いたグループは落ち着いていてソフトな味を評価する傾向があり、BGMの影響が見られたという。「実験の参加者は、音楽のイメージと一致する形でワインの味を感じたようだ」と実験を行ったヘリオット・ワット大学の研究者は述べている。ただし、音楽の味覚への影響が文化的なものなのか、音の物理的特徴によるものなのかはこの研究では分からないという。

 研究結果は「British Journal of Psychology」に掲載されている。以前には、レストランのBGMがクラシック音楽の場合、ポップスの場合よりも顧客が長時間店で過ごすという研究結果も発表されている。

関連キーワード

ワイン/シャンパン | 音楽 | BGM


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう