新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年11月17日 15時28分 UPDATE

動物愛護団体PETA、「スーパーマリオ」批判は「注目してもらうためのジョーク」

「スーパーマリオ」のタヌキマリオが毛皮を肯定していると批判していた動物愛護団体PETAが、タヌキの問題に注目してもらうためのジョークだったとコメント。「私たちはマリオが大好き」としている。

[ITmedia]

 動物愛護団体PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)が「スーパーマリオ3Dランド」に登場する「タヌキマリオ」を批判していると話題になっていた件で、同団体は注目を集めるためのジョークだったことを明らかにした。

ah_tanuki1.jpg PETAのマリオ批判サイト

 同団体は先に、タヌキマリオは毛皮を肯定するメッセージを発信しているとして、「Super Tanooki Skin 2D」という風刺ゲームを公開した。これに対して、「やり過ぎだ」「ゲームと現実の区別がついていない」といった批判の声も上がっていた。任天堂は、マリオがゲーム内で動物に変身することについて「ゲームそれ自体を超えたメッセージはない」とするコメントを出していた。

 PETAは11月16日、Twitterで、「マリオファンの方、落ち着いて。私たちはマリオが大好き。(タヌキマリオ批判の)ゲームは深刻な問題――毛皮を取るために本物のタヌキが皮をはがれていること――に楽しいやり方で注目してもらうためのもの」と発言。またゲーム情報ブログKotakuに対し、「マリオがスーパーマリオ3Dランドで実際にタヌキを殺しているとは誰も思っていない」「真剣に受け取られて少々驚いた」とも語っている。PETAのゲームは公開してから36時間で25万人にプレイされたという。

ah_peta.jpg PETAのTwitter

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事