ニュース
» 2011年11月22日 17時23分 UPDATE

カナダ、紙ではなくプラスチックの100ドル札を導入

カナダは紙のお札をプラスチックに変える計画だ。プラスチックの紙幣は偽造が難しく、紙よりも長持ちするといしている。

[ITmedia]

 カナダがこのほど、紙ではなくプラスチックを使ったポリマー紙幣を導入した。

 最初に発行されたポリマー紙幣は100ドル札で、1911〜1920年にカナダの首相だったロバート・ボーデンが描かれている。肖像画の左にはメープルリーフの形の透明な窓があり、偽造対策として透明な部分に数字が隠されている。

ah_polymer.jpg

 ほかにもセキュリティ対策として、肖像画の右の透明窓にボーデンと建物のホログラムがプリントされ、透明なテキストや小さな数字も隠されている。こうした対策により、確認が容易で偽造は難しいとカナダ銀行は述べている。

 またプラスチックのため手触りは滑らかで、文字の部分はインクが盛り上がっている。紙の紙幣の2.5倍以上長持ちし、経済的でもあるという。

 カナダでは100ドル札に続き、2012年に50ドル札と20ドル札、2013年に10ドル札と5ドル札をポリマー紙幣にする予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう