新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年11月24日 09時29分 UPDATE

スカウターどころじゃない:目に装着するコンタクトレンズ型ディスプレイ、欧米の研究者が開発

コンタクトレンズ型ディスプレイはまだ1ピクセルだが、いつかはナビ情報をコンタクトレンズに表示したり、ゲームに活用できるかもしれない。

[ITmedia]
ah_contact2.jpg プロトタイプ(上)。ウサギに装着したところ(下)

 目に装着できるコンタクトレンズ型ディスプレイを、海外の研究者が開発した。いつかコンタクトレンズにナビ情報を表示するといったことが可能になるかもしれない。

 このディスプレイはわずか1ピクセル。コンタクトレンズにアンテナや500×500マイクロ平方メートルのシリコン、マイクロLEDを含む750×750マイクロ平方メートルの透明チップなどを搭載し、ワイヤレスで情報の受信と給電を行う。米ワシントン大学とフィンランドのアールト大学の研究者が開発した。

 プロトタイプを生きたウサギに装着させてテストしたところ、ウサギへの悪影響は見られなかったという。

 研究者は今後マルチピクセル化を考えており、電源の改善も課題として挙げている。プロトタイプはウサギに装着しているときは、電源から数センチ以内でないと動かない(非装着時は1メートル以内)。

ah_contact1.jpg マルチピクセルディスプレイのコンセプト図

 「1ピクセルのディスプレイは、ゲームやトレーニング、聴覚障害者向けのアラートに活用できるだろう」と研究者は述べている。「数ピクセルあればナビゲーション情報を表示でき、数百ピクセルなら短いメールが読める」。高解像度のフルカラーコンタクトレンズ型ディスプレイの実現は何年も先かもしれないが、短期〜中期的に実現可能なデバイスへの明確な道筋は描かれているとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事