新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年11月30日 19時40分 UPDATE

あつあつふわふわ:パンケーキのテイクアウト専門店が池袋にオープン ハムッ、ハフハフ、ハフッ!!!!

日本で初めてのパンケーキテイクアウト専門店「ラ・ポワル」が12月1日、東京・池袋にオープンする。オープン前日に試食へ向かうと、クリーミーなソースがかかったできたてのパンケーキが登場。ハムッ、ハフハフ、ハフッ(うまい)!!!!

[笹山美波,ITmedia]
画像 池袋東口から徒歩数分の場所にある「ラ・ポワル」

 日本で初めてのパンケーキのテイクアウト専門店「ラ・ポワル」が12月1日、東京・池袋にオープンする。3段重ねでふわふわな生地に、オレンジやベリーのソースがかかったあつあつのパンケーキを、買ったその場で食べられる。

 看板メニュー「ウォーキングテイクアウト」(460円)は、直径10センチのパンケーキを3段に重ねた。ソースは「マカダミアンナッツ」「ベリーベリー」「メイプルクレームブラン」「オレンジシュゼット」「ポムデキャラメル」から選べる。注文すると厚紙の箱に入れて渡され、クレープ感覚でその場で食べられる。持ち帰り用の梱包も対応している。

 オープン前の試食会で、記者はお店で1番のおすすめという「マカダミアンナッツ」ソースがけを注文。生クリームをミックスしたソースがあつあつふわふわの生地にかかっており、見るからにおいしそう。フォークを刺すと3段重ねなのにスーッと切れる。ひとくち食べてみると……見た目通りうまい! コクがあり、甘さ控えめな生地と濃厚で甘いソースがマッチしておいしいぞ。店員さんによると、生地にクリームチーズを練りこんでいるため、食べ歩きなどで時間がたって冷めてもパサパサせず、しっとりおいしく食べられるらしい。

 その場で食べられる「ベイクドチーズケーキ1/4」も試食した。18センチのホールケーキを4分の1にカットしたプレーン(380円)と、プラス120円で「オレンジ」や「レモンカスタード」など4種類のソースと合わせて食べるタイプがある。記者はベリーソースをトッピング。甘さ控えめなチーズケーキと甘酸っぱいソースの組み合わせがこれまた絶品だ。濃厚でお腹にたまるので、お腹が減っている人にはパンケーキよりもこちらをおすすめしたい。


画像 「マカダミアンナッツ」のパンケーキ。ほかほかでおいしい
画像 「ベイクドチーズケーキ1/4」を「ベリーベリー」ソースで


画像 見よ! この3段重ね!
画像 「オレンジシュゼット」は見た目にもさわやか


 食べ歩きはできないが、豆乳と丹波の黒豆を使用したムースのようなスフレケーキ「豆乳スフレパンケーキホール」(780円)と、「ベイクドチーズケーキ1/4」のホール版「ベイクドチーズケーキホール」(1280円)をテイクアウトできる。ベイクドチーズケーキホールには、プラス380円で4種類のソースを追加できる。直径18センチと大きいので、家庭やパーティーなどでみんなで食べるのがよさそうだ。賞味期限は買った翌日まで。


画像 「豆乳スフレパンケーキホール」は「ビアード・パパに伝わる秘密のレシピ」を利用して作った自慢の商品の1つ
画像 商品はすべてその場で作ってくれ、できたてを楽しめる


 ラ・ポワルはフランス語で「フライパン」を意味し、南仏の「ママンがフライパンで焼いてくれる、手作りのパンケーキ」を商品のコンセプトにしている。シュークリーム専門店「ビアード・パパの作りたて工房」の創業者廣田雄二さんが手がけた。「パンケーキが流行っているなかで、イートインではなくその場で気軽に食べられる新しいパンケーキ店」を作ろうと思ったのがきっかけという。

 場所は、都内の楽園タウン池袋B館1階(豊島区南池袋1-24-5)。営業時間は午前11時〜午後9時まで。クレープやたこ焼き、たい焼きを食べ歩きする感覚で、できたてをその場で食べられる上、すごくおいしいので皆さんも訪れてみてはいかがだろうか。

関連キーワード

ケーキ | チーズ | 池袋 | 豆乳 | キャラメル | 飲食店


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー