新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年12月02日 19時51分 UPDATE

日々是遊戯:ソーシャルゲームで飢餓撲滅――KONAMIのFacebookアプリ「Food Force」がすばらしい

KONAMIが11月30日にリリースした「Food Force」というFacebookアプリをご存じですか? 遊べば遊ぶほど国連の食糧支援活動に貢献できる、ユニークなシリアスゲームです。

[池谷勇人,ITmedia]

収益はほぼ全額をWFPに寄付

 先日紹介した「SENSE」に続いて、今日も世界をより良くするシリアスゲームのお話です。

 アフリカをはじめとし、世界の各地にはいまだ飢餓に苦しむ国や地域が数多くあります。そんな飢餓の現状を学ぶだけでなく、さらにはゲームの収益によって実際に食糧支援活動に貢献できる――というのが、今回紹介する「Food Force」。WFP(国連世界食糧計画)とKONAMIの協力により開発されたFacebookアプリで、11月30日にKONAMIより正式リリース。Facebookのアカウントさえあれば誰でも無料でプレイすることができます。

画像 本作の基本画面。ここから農場や食糧配給センターへ行くことができます

 基本的には、“1:農場で作物を育てる”“2:工場で作物を物資に加工”“3:各国へ支援物資を送る”――というのが大まかなゲームの流れ。作物を育てたり、支援物資を送ったりするには現実の時間がかかり(例えば小麦なら種を植えてから収穫まで1時間)、ゲームシステムは「FarmVille」などのソーシャルゲームに近いと感じました。

 物資を送ると、送った国の飢餓状況が改善されていき、最終的には地球上すべての国の飢餓を解決するのがゲーム上での目的となります。最初のうちは畑も小さく、育てられる作物の種類も限られていますが、様々なアクションに応じて経験値が入り、レベルが上がると徐々に支援活動の幅も広がっていく仕組み。Facebook上の友達に手伝ってもらうことで、ゲームをより効率よく勧められるなどの要素もあります。このへんもソーシャルゲームにはよくあるシステムですね。


画像 農場でとうもろこしを植えているところ。しばらく待つと収穫できます
画像 食料を支援物資に加工したら、食糧配給センターから世界へと物資を届けます

 本作の要点は2つあります。1つは、ゲームで遊ぶことで飢餓の現状や、WFPの活動を感覚的に理解できるということ。物資送付画面の地球儀は、最初はどの国もほぼ真っ赤っか。かなり飢餓が深刻ということが一目で分かる。それがやがて、自分の活動で緑に変わっていく。当たり前なんだけど、飢餓が「よくないことだ」というのが、頭じゃなく感覚で理解できるのがすばらしい。

 そしてもう1つは、ゲーム内でアイテムを購入すると、その収益で飢餓に苦しむ世界の子供たちへ学校給食を届けられるということ。KONAMIによれば、本作で得た課金収入は一部運営費を除いてすべてWFPへ寄付されるとのこと。実質、KONAMI側の利益はほぼゼロで運営される形と言ってよく、この点も大いに評価できると感じました。

画像 南アフリカ支部の状況を見ると、最初は見事に真っ赤っか
画像 アイテムにはゲーム内コインで買うものと、現実のお金で買うものがあります

 本作はもともとダウンロードゲームとして2005年にリリースされ、全世界で1000万人以上がこれまでにプレイ。Facebook版は前作のコンセプトを引き継ぎつつ、さらにソーシャルゲームの要素を加えたもので、ゲーム内容としてはほぼ完全新作となります。遊べば遊ぶほど、世界から飢餓をなくすことができる「Food Force」、興味がある方はぜひ遊んで、Facebookでどんどん宣伝してあげてください。

画像 本作のタイトル画面
画像 最初は小さな畑しかありませんが、ゲームが進むとこんな感じに

画像 Facebookの友人と協力して、世界に物資を送り届けます
画像 ストーリー形式でWFPの活動について学べるミニゲームも

(C)2011 Konami Digital Entertainment
(C)World Food Programme


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー