新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年12月12日 17時36分 UPDATE

日々是遊戯:23年の歴史に終止符。さくまあきら氏「桃太郎電鉄」シリーズの終了を宣言

あの「桃太郎電鉄」シリーズが終わる――ニコニコ生放送で明かされた、シリーズ終了の理由とは?

[池谷勇人,ITmedia]

きっかけは「メインスタッフの離脱」

「今度docomoで(『桃太郎電鉄』の)東海編を出すんですが、それを最後に新作はもう出ません」

 ――そう語ったのは、「桃太郎電鉄」シリーズを23年間にわたって手がけてきた、ゲームクリエイターのさくまあきら氏。さくま氏は12月11日、ニコニコ生放送の「小池一夫のニコニコキャラクター塾!」にゲスト出演し、「桃太郎電鉄」を含む「桃太郎」シリーズの終了を宣言しました。


 「桃太郎」シリーズの話題は動画の1時間39分あたりから。小池一夫氏から「それよりなンだかすごい発言があるって言わなかった?」と振られると、さくま氏は「桃太郎」シリーズについて、「やめちゃいます。終了です」とはっきり宣言。今後「移植はあるのかもしれないですけど」としつつも、新作については一切作る予定がないことを明らかにしました。

 終了の理由について、さくま氏は今年春にハドソンがKONAMIの完全子会社になったことに触れつつ、「(スタッフの)トップレギュラー4人のうち3人が新しい会社と合わなくて辞めちゃった。あのメンバーを作るのに10年かかったんです。それをまた作るのは難しい」と説明。さくま氏は今までのスタッフに相当な思い入れがあったようで、番組内でも「本当に手塩にかけた、天才の上に天才の名がつくような、優秀ないい連中」と絶賛。それだけに、主力メンバーの大半を失ってしまったことは大きなショックだったようです。

 また今後の活動について聞かれると、「まあ僕のことなんでまたヘンなことはすると思います(笑)」と笑って回答。さくま氏によると、今はDr.コパ氏と組んで風水のゲームを開発しているとのこと。最後は「小池師匠がとにかく新しいものに挑戦し続けているので、弟子としては大変ですけど、全力疾走で追いついていきます」と締めくくりました。

「桃太郎電鉄」シリーズと聞いて今でも思い出すのは、「東北編」マップの石巻・気仙沼周辺にちゃんと防潮堤が描かれているところ。さくま氏は以前、自身のサイトの日記で「東日本復興編だけは作りたかったなあ…」と書いていましたが、そのころからすでにシリーズ終了については頭にあったのかもしれません。

 Twitterのさくまあきら氏のアカウントには現在、シリーズの終了を惜しむファンからのメッセージが続々と寄せられています。思えば僕も「桃太郎電鉄」のおかげで日本の地理に詳しくなったファンの1人でした。さくまさん、それから「桃太郎」シリーズに関わったみなさん、23年間本当におつかれさまでした。

画像 さくま氏が「やめちゃいます」と宣言すると、画面内は「えええええ」という驚きのコメントでいっぱいに

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事