新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年12月13日 15時11分 UPDATE

震災前後の比較も可能:1枚の写真では伝えきれない――Googleストリートビュー、東日本大震災の被災地を公開

ストリートビューで復興までの道筋をたどります――Googleは東日本大震災の被災地のストリートビューを公開した。震災前後の写真を比較できるページも設けた。

[笹山美波,ITmedia]

 東北地方。夏空と深い緑が印象的な内陸部の風景が、海岸に向かうにつれ何もない大地へと変わっていく。がれきの山に囲まれて働く人。行き交う大型トラック。家が建っていたと思われる土台――。あの地震の爪跡がGoogleのストリートビューでたどれるようになった。


大きな地図で見る
画像 宮城県石巻市の被災後の様子 

 Googleは12月13日、Googleマップで、東日本大震災の被災地のストリートビューをパノラマ写真で公開した。今年7月から約半年かけて4万4000キロを走行し、被害の大きかった東北の沿岸地域や主要都市を撮影した。

 被災地の記録を残し、記憶の風化を防ぐ「デジタルアーカイブプロジェクト」の一環。東北の6県82市町村の被災後の写真が公開されており、撮影時期も確認できる。同社は今も被災地の撮影を続けており、写真は順次追加していく。

 プロジェクトの特設サイト「未来へのキオク」では、被災前のストリートビュー写真を残していく。2008年上半期ごろの様子と被災後を見比べることが可能だ。災害前後を比較できる形で公開するのはGoogle社全体でも初めての取り組みという。


画像 未来へのキオク
画像 震災前の様子(宮城県名取市)
画像 震災後に撮影した写真と見比べられる

画像 同社の徳生健太郎製品開発本部長

 同社の徳生健太郎製品開発本部長は震災後「我々は情報だけで何ができるか」を考えてきたという。4月初めに被災地を訪れたときには、多くの被災者から「この記録をなんとか残せないか?」と懇願され、プロジェクトを始めるきっかけとなった。またあるジャーナリストからは「1眼レフで撮った1枚の写真だけでは被災地の状況はわからない。街に足を下ろして初めて状況がわかるんだ」という言葉をかけられたと明かす。

 「記録を残すのが私たちの将来の責務である」と徳生本部長。今回のストリートビューは「東日本大震災の研究資料として使えるのでは」と考えており、「地形図と地図と、被災前後の画像を組み合わせることで、実際の被害を解明する1つの手助けとなる」とコメント。一般のユーザーが「『自分の家はここにあったんだな』などと震災前後の状況を確認するツールとしても使える」と語った。

画像 宮城県気仙沼市を走行するストリートビュー撮影車

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事