ニュース
» 2011年12月15日 08時47分 UPDATE

1兆フレーム/秒の超高速カメラをMITが開発 光の動きもとらえる

光の動きをスローモーションでとらえられるカメラを、米マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した。

[ITmedia]

 フレームレート1兆fps――米マサチューセッツ工科大学(MIT)が超高速カメラを開発した。光の動きもスローモーションでとらえられる。

ah_light1.jpg 超高速撮影システム

 同校の研究者アンドレアス・ベルテン氏らはこの撮影システムを使って、ペットボトルの中を移動するレーザー光線のスローモーション映像を作成することに成功した。

ah_light2.jpgah_light3.jpg ボトルを通る光のスローモーション動画を作成

 このシステムはストリークカメラと呼ばれる超高速光検出器を使っている。ストリークカメラは光の強度と持続時間を図るもので、撮影した画像には1次元の空間情報しかない。このためベルテン氏らはレーザー光線の画像を何枚も撮影して、それを合わせることで動画を作成した。

 光がボトルを通るまでの時間はわずか1ナノ秒(1秒の10億分の1)だが、動画作成に必要なデータをすべて集めるのに約1時間かかったという。

 このシステムは何度も画像を撮影して合わせるため、正確に反復できない現象は記録できない。人造物質や生体組織の物理構造の解析などに活用できるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー