新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年12月22日 18時03分 UPDATE

日々是遊戯:ゲームの「3D酔い」はなぜ起こる? 症状軽減には「酔い止め薬」が有効と専門家

ゲームは好き、でも3Dゲームで遊ぶとすぐに酔ってしまう――。ゲームの「3D酔い」に果たして治療法はあるのでしょうか。

[池谷勇人,ITmedia]

完全な治療法はない?

画像 「The Guardian」の記事。これを書いた記者自身も、日頃からひどい3D酔いに悩まされていたそう

 イギリスのニュースサイト「The Guardian」にて、ゲームにおける「3D酔い」についての興味深い考察記事が掲載されています。それによると、ゲームの3D酔いは、市販の酔い止め薬か、またはプレイヤー自身が徐々に「慣れる」ことで改善できるとのこと。

 3D酔いについては海外でも悩んでいる人は多く、ある調査では対象者の10%〜50%がゲーム中に吐き気などの体調不良を感じたことがあると答えたそう。3D酔いが起こる理由についてはいまだ完全には解明されていませんが、一般的には体が「動き」を感じていないにもかかわらず、目や耳から入ってくる情報によって、脳は「体が動いている」と錯覚してしまうため、その感覚のズレが3D酔いを引き起こすのだと言われているようです。

 では、果たしてこれを治療・改善する方法はあるのか? 専門家は次のようにアドバイスしています。「方法の1つは慣れることです。短い刺激から初めて、徐々に長い刺激へと体を慣らしていくこと。そしてもう1つは薬により症状を抑えることです」。

 ここで言う薬というのは、一般に販売されている、乗り物酔いの薬のこと。記事内では、実際に市販の「Joy-Rides」という薬を服用してゲームに臨んでいますが、結果、いつもなら30分ほどでプレイを続けられなくなってしまうところ、74分間にわたってゲームをプレイできたとのこと。その後はやはりいつものように気分が悪くなってしまいましたが、確かに乗り物酔いを軽減する効果はあったとしています。

 ただ、これらの効き目には個人差があり、また「効くかもしれない」というプラシーボ効果によるところもあると記事では指摘。実際、「Joy-Rides」とは別の薬や、また腕に巻いて乗り物酔いを軽減するリストバンドなどについてもそれぞれ試してみたところ、こちらは「Joy-Rides」ほどの効果は見られなかったそう。また、薬には多かれ少なかれ何らかの副作用もあるため、その点にも注意が必要です。

 人によってはまったく感じないこともある一方、「酔う」人にとっては深刻な「3D酔い」。今後ゲーム業界側でもさらに調査を進め、克服・軽減の方法を見つけてほしいと、記事では締めくくっています。

関連キーワード

ゲーム | 3D酔い | 日々是遊戯 | 症状 | 3Dゲーム


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Facebookコメント

注目のアイコン

注目のアイコン

日めくりダイオウグソクムシ


» 大きな画像で見る
» 過去のねこまんが一覧

FEATURES

icon

今年もみんなサービス精神旺盛。ウソが多すぎて、ねとらぼ編集部、エイプリルフール疲れ。

icon

「天国の手塚治虫が、薄い本バカ売れの田中先生に対し、変な負けん気を出して『俺だって描ける!』と、発掘させたんじゃないかと」by 手塚るみ子さん。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

おススメの生放送ライブガイド

将棋の第72期名人戦七番勝負第2局・初日、森内俊之名人VS羽生善治三冠をライブ配信する。大盤解説は飯塚祐紀七段と鈴木環那女流二段が担当する。配信は4月22日9時0分〜。

過去記事カレンダー

オススメ記事