新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年12月23日 10時00分 UPDATE

クリスマスはおふたりさまでおひとりさま:1人しゃぶしゃぶに1人カラオケ リア充(?)おひとりさまサービス探訪記

1人で楽しい“おひとりさま”サービスは2人で行けばもっと楽しいはず。そこで、後輩とクリスマスデートの下見に行ってきました。

[やまも,ITmedia]

 今年のクリスマスシーズンは3連休! 恋人とキャッキャウフフしまくるという方も多いはず。筆者も彼女と一緒に過ごす予定ですが、毎年のことだとマンネリ化します。そこで、今年は“おひとりさま”サービスを使ってみることにしました。

 最近は1人しゃぶしゃぶのお店や1人カラオケのお店など、1人で楽しむサービスも増えています。1人で楽しいなら、2人で行けばもっと楽しいはず! なぜか「リア充のデートコース教えてください!」と押し掛けてきた後輩・たまねぎIT戦士を引き連れ、下見に行くことにしました。たまたま予定もないし、つきあってやるか。

それもこれも俺の肉

ky_eve_1223_001.jpg

 まずは腹ごしらえからということで、東京・神田にある「一人しゃぶしゃぶ信州屋」へ。その名の通り、1人しゃぶしゃぶのお店です。恥ずかしがり屋な1人客が入りやすい路地裏の隠れ家風のお店なのかと思いきや、実際は通り沿いにある普通のお店でした。座席はカウンターのみの8席で、テーブルには1人用のIHクッキングヒーターが設置されています。

 信州屋のランチメニューは「牛しゃぶランチ」「豚しゃぶランチ」「ミックスしゃぶランチ」の3種類で、ご飯(大盛り無料)と漬物が付いて、それぞれ780円。しゃぶしゃぶというと高級なイメージがありますが、かなりお手頃な価格です。ここまで安いと量が少なかったり、肉質があまり良くなかったりするのだろうかとちょっと心配になりましたが、その不安はすぐに消えました。

ky_eve_1223_021.jpg
ky_eve_1223_022.jpg
ky_eve_1223_023.jpg


 注文すると、店員さんが目の前のオープンキッチンで大きな肉のかたまりを業務用カッターでシャキンシャキンとカットしていきます。客の前で切るということは、出す肉に自信があるという証拠。ちょうど昆布を入れた鍋が煮立ってきた頃、野菜と肉が盛られたお皿が登場しました。「え? これで1人前?」と驚いてしまったのは、量が少ないからではありません。野菜の上に重ねられた肉はおよそ10枚、想像していたより多かったです。さっそく肉をしゃぶしゃぶして、ポン酢につけていただきます。

ky_eve_1223_031.jpg
ky_eve_1223_032.jpg
ky_eve_1223_033.jpg


 「う、うまい……」

 780円というリーズナブルなお値段から想像していた以上の味。肉食系の彼女も間違いなく満足してくれるレベルです。野菜はネギ、白菜、そして人参ともやし。こちらもおいしくいただき、お腹いっぱいになりました。この値段でこの味と量ならば十分満足です。ディナータイムはランチより高めの価格設定になりますが、しゃぶしゃぶにドリンク1杯がついて980円というお得な「お疲れ様セット」もあります。

 ふと隣を見ると、たまねきIT戦士が夢中になってしゃぶしゃぶしています。2人で来たのに1人ずつ別々に鍋をつつく。シュールな光景ですが、でも、それがいい。肉の奪い合いも起きませんし、嫌いな具の押し付け合いもない、平和です。ピースです。ハトが飛びそうなくらいです。

ky_eve_1223_011.jpg 2人でも1人ずつお鍋をつつく
ky_eve_1223_012.jpg


カラオケだって1人で楽しい

ky_eve_1223_002.jpg

 信州屋を出て、次に向かうのは1人カラオケ専門店「ワンカラ神田駅前店」です。実は信州屋と同じ神田駅前にあり、11月25日にオープンしたばかり。神田はお1人様の聖地でも目指しているのでしょうか。

 カップルでにぎわうカラオケ屋さんに入って、「1人です」というのはさすがに自分が爆発してしまいそうですが、1人専用のサービスだと人数を聞かれることもないので安心して入れます。もちろん、たまねぎIT戦士とは別の部屋。2人で来ても1人なのです。

 受付を済ませたら、ヘッドフォン(レンタルは有料、持参可)を手に持って“ピット”と呼ばれる個室に向かいます。ワンカラでは、ハウリング対策のため音はすべてヘッドフォンから出るようになっています。

 部屋は予備校の自習室のような作りで、正面にカラオケ機材を置いた机と、壁に取り付けられた液晶画面があり、椅子はもちろん1つです。部屋は内側から鍵をかけることができ、飲み物はセルフサービスなので、終了時間まで1人で集中して歌うことができるようになっています。

ky_eve_1223_041.jpg
ky_eve_1223_042.jpg
ky_eve_1223_043.jpg


 筆者が歌ったのは「Sonata Arctica」や「Stratovarius」などの北欧メタル。「洋楽を歌う自分カッコイイ」と思っていた若かりし高校生の頃、気になっていた子とカラオケに行って洋楽を歌い「聞いたことないし、英語だし、ピロピロ鳴ってるだけだし、よく分からないんだけど」と真顔で言われたのはいい思い出です。でも、ここは1人カラオケのお店。出るはずのないハイトーンボイスの練習を好きなだけできます。筆者はここぞとばかりに練習することができ、大満足でした。

 別の部屋で熱唱していたニコ厨なたまねぎIT戦士の選曲を聞いてみると「創聖のアクエリオン」や「炉心融解」などのニコニコ動画で人気の曲ばかり。やはり別々の部屋で正解でした。ジャンルとしてまったく相容れないどころか、お互い知らない曲なので一緒の部屋にいても盛り上がりません。好きな曲を好きなだけ歌えるという気持ちよさ。やっぱりカラオケは1人に限ります。

まだまだある、お1人様サービス

 1人鍋のお店は「一人鍋みうら」(大阪・難波)や「なべや」(大阪・天下茶屋)、1人焼き肉のお店からリニューアルした「1人鍋専門店ひとり」(東京・上野)など、信州屋だけではありません。ラーメンでは「一蘭」のカウンターを1席ずつ板で仕切った“味集中カウンター”が有名です。また、クラブツーリズムはお1人様向けに食べ放題付きの宿泊プラン「帝国ホテル東京に1名1室で宿泊 最上階レストランで過ごす夕べ」を販売しています。

ky_eve_1223_003.jpg

 食べ物以外では、ゴルフ予約サービス「1人予約ランド」や1人から参加できるスキーツアーも出ています。ニコ厨の方には、ニコニコ本社のクリスマスパーティーがオススメです。

 筆者も彼女も肉が好きなので、肉の奪い合いが起きない1人鍋はデートに最適。カラオケもお互い恥ずかしがって行かないので1人カラオケならちょうど良さそうです。さっそく下見をふまえてデートコースを考えていると、ニコ厨なたまねぎIT戦士はニコニコ本社のクリスマスパーティーが気になる様子。「やまもさん、ARの嫁と一緒に過ごせるんですよ!」と興奮気味です。筆者は後輩がARの嫁とキャッキャウフフしてる姿を想像して思いました。

 「それ、戦士って言うより魔法使いだよね……」

 さて、予習は完ぺきです。あとは肉好きでカラオケがちょっと苦手な彼女を……。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事