ニュース
» 2011年12月24日 10時00分 UPDATE

真昼の花火も美しい カタールの美術館で打ち上げパフォーマンス

夜空にきれいな花を咲かせる花火ですが、昼間の空にもきれいな模様を描くことができます。

[ITmedia]

 花火といえば夜空を彩るもの。では、昼間に花火を上げるとどうなるのでしょうか? カタールのマトハフ・アラブ現代美術館で、中国人アーティスト蔡國強(ツァイ・グオチャン)さんが大規模な昼間の花火を打ち上げました。その様子が動画で公開されています。

 火薬の爆発をコンピュータで制御して、空中に美しいパターンを描いています。それぞれの爆発は異なる模様を描くよう計算され、煙を使ってピラミッドを形作ったりなどしています。

ah_hanabi1.jpgah_hanabi2.jpg 煙で模様を描く

 青やピンクのカラフルな煙も使っており、花弁が舞っているようできれいです。黒い煙の小さな塊がいくつも空に散らばる様子は鳥の群れのよう。昼間の花火も乙なものです。

 蔡さんは北京五輪の開会式・閉会式でビジュアルディレクターを勤め、花火を使ったパフォーマンスを行った人物。マトハフ・アラブ現代美術館でも火薬を使った作品を展示しています。

関連キーワード

花火 | 芸術 | 動画 | 美術館


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう