ニュース
» 2011年12月27日 19時08分 UPDATE

無料Wi-Fiスポット搭載の自販機、アサヒ飲料が展開

アサヒ飲料がWi-Fi機能搭載の自販機を展開。自販機周辺でキャリアを問わずWi-Fi端末を接続できる。

[ITmedia]
ah_jihan.jpg

 アサヒ飲料は2012年から、Wi-Fi搭載の自動販売機を展開する。スマートフォンやタブレットなどを無料で接続できるようになる。

 アサヒカルピスビバレッジの自販機に、無料ワイヤレス通信サービス「FREEMOBILE」(タケショウ)の専用ルータを搭載。自販機を中心に半径50メートル程度の範囲で、キャリアを問わずWi-Fi端末を接続できる。接続は登録不要の「FREEMOBILE」とメール認証で登録する「FREEMOBILE_SECURE」(WPA2-PSK)があり、ユーザーが選択できる。自販機1台につき、端末を数十台程度まで同時接続可能。

 仙台、首都圏、中部、近畿、福岡を中心に、順次全国に拡大する計画。公共施設、商店街、交通拠点など多くの利用客が見込める場所への設置を予定している。初年度は1000台を目標とし、5年以内に1万台超への拡大を目指す。

 アサヒ飲料は、Wi-Fiを搭載することで商品情報や設置場所に合わせた地域情報などを発信することが可能としている。地域社会の活性化や災害時の情報インフラとしても貢献するなど新たな事業モデルを構築していくという。

関連キーワード

自動販売機 | Wi-Fi


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう