ニュース
» 2012年01月05日 14時48分 UPDATE

日本初:キリンビバレッジ、「生茶」ブランドに環境配慮型の新ペットボトルを導入へ

メカニカルリサイクルペット原料と植物由来ペット原料を組み合わせた新ペットボトルを2012年夏以降から「生茶」ブランドなどの一部で採用。日本初の試みとなる。

[ITmedia]
画像

 キリンビバレッジは、環境に配慮した新たなペットボトルを2012年夏以降、「生茶」ブランドなどの一部から採用すると発表した。

 使用済み製品などを再生利用したペット原料(メカニカルリサイクルペット原料)と植物由来ペット原料を日本で初めて組み合わせたもので、導入当初はメカニカルリサイクルペット原料10%、植物由来ペット原料最大27%から始め、石油由来ペット原料を約37%、CO2を約27%削減できるとしている。なお、メカニカルリサイクルペット原料については、今後徐々に比率を高めていく。

 これまでも「生茶」ブランドでは、2010年より省資源でつぶしやすい環境配慮型容器「ペコロジーボトル」をさらに軽量化したNew「ペコロジーボトル」を(2Lペットボトルで)採用しており、環境負荷低減に取り組んでいる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー