ニュース
» 2012年01月06日 11時54分 UPDATE

天井が青空に! 空を再現する照明システム、独で開発

天井に空を再現するシステムを独Fraunhofer Institituteが開発。オフィスにいても青空の下で仕事ができる。

[ITmedia]

 オフィスにいても青空の下で仕事をしている気分――そんな照明システムを、独研究機関Fraunhofer Institituteが開発した。

ah_sky.jpg

 このシステムは、288個のLEDがついた50×50センチのタイルを天井に敷いて、室内に青空を再現するというもの。赤、青、緑、白のLEDを組み合わせて光スペクトルをすべて表現し、1600万色以上を作り出すことができるという。さらに、風に乗って動く雲など、自然の空の変化をシミュレートできる。

 研究者らは自然の光を調査し、雲が動いたときの光スペクトルの動的な変化を把握。これにより、裸眼でははっきりとは分かりにくい光の変化もシミュレートできるとしている。微妙な変化を再現できるため、オフィスにいる人の集中を乱さないという。

 Fraunhoferが作った試作品は34平方メートルで、3万4560個のLEDを使っている。フルパワーだと3000ルクス以上の明るさになるが、500〜1000ルクスで十分なレベルという。3月にドイツで開催の展示会CeBITでは、このシステムを2.8×2.8メートルサイズで展示する予定だ。

関連キーワード

LED | 照明 | 再現 | オフィス(事務所) | CeBIT | 展示会


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!