新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年01月10日 10時49分 UPDATE

自分の死後にFacebookで遺言を公開できるアプリ「If I die」

「If I die」を使うと、遺言として用意しておいた動画や文章を自分の死後にFacebookで公開できる。

[ITmedia]

 自分が死んだ後、用意しておいたメッセージをFacebookに投稿できる「If I die」というアプリが公開されている。

ah_ifidie2.jpg

 Facebookでアプリをインストールした後、遺言を動画(最大5分)またはテキストで入力する。日本語での入力も可能だ。Facebookの友人から3人を「信託先」として選び、この3人がユーザーの死亡を確認すると、遺言がFacebookで友人向けに公開される。

ah_ifidie.jpg 日本語も入力できる

 今のところ、メッセージは1つしか残せず、特定の相手だけにメッセージを見せることもできないが、今後はこうした機能も追加するという。

 なおFacebookでは、友人が亡くなった時にプロフィールの「追悼」を申請することができ、専用フォームも用意されている。アカウントの追悼によって、プライバシー保護のため承認された友人のみがプロフィール(タイムライン)を表示できるようになる。家族や友人は追悼のメッセージを書き込むことができる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事