新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年01月14日 01時00分 UPDATE

日々是遊戯:「マリオカート」ならぬ「モールカート」のコピーぶりが酷い。任天堂が動画を消すくらい酷い

「マリオカート」にそっくりなゲームは以前にもありましたが、この「モールカート」は今までの作品がかわいく見えるほどの酷さ。

[池谷勇人,ITmedia]

ガンジーでも助走つけて殴るくらい酷い

 中国のアプリメーカー「淘米(タオミー)」がiPhone向けにリリースした「Mole Kart(モールカート)」というレースゲームが、あまりにも任天堂の「マリオカート」に酷似していると話題になっています。

 これまでにも「マリオカート」に類似したゲームはありましたが、今回のはそんなレベルじゃないくらい酷い。具体的にどれくらい酷いかというと、YouTubeに投稿されたプロモーション映像がNintendo of Americaに消されるくらい酷い。一応、この手の類似ゲームのお約束にのっとり、本作もキャラクターやアイテムなどは別モノに差し替えてあるのですが、それでもなお著作権侵害認定されるというのはなかなかないことです。

画像 プロモーション映像にアクセスしても「この動画は、Nintendo of America Inc. さんによる著作権侵害の申し立てにより削除されました」と出てしまう

 アプリは現在、App Storeにて250円で配信中だが、ゲームシステムはまさに「マリオカート」そのもの。しかし、それだけならまだ「似てしまった」で済まされるかもしれませんが、このゲームが悪質なのは、コースレイアウトまで完全に「マリオカート」をコピーしているところです。

 初期状態では2つのコースが遊べますが、1コース目は「マリオカートWii」の「モーモーカントリー」そのまま。2コース目も「キノコキャニオン」とまったく同じコースレイアウトとなっています。ニコニコ動画には、プロモーション映像から両作品のコースレイアウトを比較した動画が投稿されていますが、これを見るとコースマップが完全に一致していることが分かります。そのほか、YouTubeには「キノコキャニオン」そっくりコースのプレイ動画も。

 また出現するアイテムも、無敵アイテムがスターから「ラッキーコイン」に変わっていたり、墨で敵の視界をふさぐゲッソーが、木の葉で視界をふさぐ「リーフモンスター」に変わっていたりするだけで、効果はすべて「マリオカートWii」と同じ。いくらなんでもこれは「似てしまった」では済まされないレベルでしょう。


 一方で、本家「マリオカート」とまったく違うのがその操作性です。ハンドル操作はジャイロ、バーチャルパッドどちらでも可能ですが、どちらを選んでも微妙なコントロールはほぼ不可能に近く、イージーモード(50cc相当?)でさえろくにカーブを曲がれないという有様。またコースは全7種類ですが、うち3コースは各85円の追加ダウンロード形式。コース選択画面を見る限りでは、残りのコースも「GBAクッパキャッスル」、「64シャーベットランド」、「DSピーチガーデン」といったコースがモデルになっているようでした。

 ちなみにこの淘米という会社、海外サイトのリポートによると、実に1億8000万人(2011年5月時点)ものユーザー数を抱える、中国では最大手のSNS会社のひとつなのだとか。うーん、なんとも考えさせられてしまいますが、ぜひ任天堂には毅然とした態度で対応にあたっていただきたいところです。

画像 オリジナルと言えるのはこのタイトル画面くらいのもの

画像 1コース目の「Mole Pasture」。どう見ても「モーモーカントリー」です

画像 2コース目の「X.Mushroom」。キノコの配置までまったく同じ

画像 アイテムの説明画面。大体どれがどんな効果か分かりますか?

画像 プレイヤーは6人から選択可能、と見せかけて下段の2人は各170円

画像 コースは7種類ですが、これも下の3コースは各85円。これ、どれだけ似ているのかを確かめさせるという戦略か?

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事