ニュース
» 2012年01月25日 20時23分 UPDATE

NEC、「はやぶさ」後継機の設計に着手

NECは、2014年度の打ち上げを目指した「はやぶさ」後継機の設計に着手したと報告。 「はやぶさ」に続き探査機システムの取りまとめを担当する。

[ITmedia]
画像

 NECは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発する小惑星探査機「はやぶさ」の後継プロジェクトとなる「はやぶさ2プロジェクト」において、探査機システムの設計に着手したと報告した。

 「はやぶさ」後継機は、JAXAにより2014年度の打ち上げが予定しており、目的地の小惑星「1999JU3」への到着が2018年なかば、地球への帰還が2020年末を目指して開発が進められている。「はやぶさ」後継機は、太陽系の起源・進化の解明や、生命の原材料物質を調べるための有機物や含水鉱物を含むと考えられている小惑星「1999JU3」からのサンプルリターンを目的としている。

 1970年打ち上げの「おおすみ」以来60機以上にわたり人工衛星および探査機のシステム開発製造の実績があり、小惑星探査機「はやぶさ」の小惑星「イトカワ」往復の運用にも携わっていた。JAXA指導の元、「はやぶさ」後継の探査機システムの設計を担当。Kaバンド通信と中間赤外カメラといったミッション機器の設計等も担当している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー