ニュース
» 2012年01月26日 14時18分 UPDATE

「大友克洋GENGA展」開催決定 39年の巨大な足跡を目撃せよ!

大友克洋さん初の総合原画展「大友克洋GENGA展」が4月9日から都内で開催される。収益を東日本大震災の被災地に寄付するチャリティー企画で、漫画「AKIRA」の原稿や最新画集「KABA2」のカラー原画など39年の足跡をまとめた。

[ITmedia]
画像 大友克洋GENGA展

 漫画家・大友克洋さんのデビューから現在までを網羅した初の総合原画展「大友克洋GENGA展」が都内の「3331Arts Chiyoda」で4月9日から開催される。漫画「AKIRA」の原稿をはじめ、「童夢」「気分はもう戦争」「さよならにっぽん」などの代表作や画集「KABA」「KABA2」に収録された最新カラー原画を展示する。期間は5月30日まで。

 開催のきっかけは、20年振りとなる大友さんの画集「KABA2」(1月発売予定)発売を期に「巨大な足跡」をまとめようと機運が高まったことや、宮城県出身の大友さんが主体となって東日本大震災のチャリティー企画展を開きたいと思ったことという。原画展の収益の30パーセントは被災地に寄付する予定だ。

 入場には事前に購入したチケットが必要。チケット料金は大人1500円、学生800円(中学生は500円)、小学生以下は保護者同伴で無料となる。開館時間は平日が午前11時半〜午後8時(土日祝は午前10時半〜)で、休館日は第3火曜日。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー