ニュース
» 2012年01月27日 14時03分 UPDATE

Google+、13歳以上18歳未満に開放

より多くの方に利用してもらいたい。青少年向け機能を実装して、Google+が13歳以上18歳未満のユーザーも利用できるように。AKB48の18歳未満メンバーも参加可能に。

[ITmedia]

 1月27日よりGoogle+は、青少年向け機能を実装することで13歳以上18歳未満のユーザーも参加できるようになる。これまでは18歳以上に限り参加登録ができた。

 インターネットユーザーで若年層の割合が高いことを受けての開放となる。ただし、18歳以上と異なり最近の出来事を共有する際、「一般公開」もしくは「友だちの友だちサークル」を選ぶところに注意を促すメッセージを表示。初期設定でサークルにいる人以外にコンタクトすることができない。

画像

画像 特定ユーザーのブロックが設定から簡単に行える

 さらに最大で10人が実際に顔を見ながら会話できるハングアウト機能にも対応。18歳未満のユーザーがハングアウトを楽しんでいる際、サークル外のユーザーが参加してくると18歳未満のユーザーが自動的に退出する仕組みとなっている。退出に際しては理由も明示され、再度参加するか完全に退出するかを選択できる。

 1月27日に開設された「Google+ 安心利用センター」では、これらの機能を詳細に説明している。

 今回の施策に伴い、Google+にAKB48の13歳〜17歳のメンバーが参加することになる。

関連キーワード

Google | Google+ | ネットユーザー | AKB48 | 注意喚起


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー