ニュース
» 2012年01月29日 11時47分 UPDATE

レゴの人形 成層圏へと打ち上げられ無事帰還

カナダの高校生2人が、気象観測気球にレゴのミニフィグ(フィギュア)を乗せ、宇宙にあと少しのところまで旅をさせた。

[ITmedia]

 気象観測気球に乗ったレゴのミニフィグ(フィギュア)が、8万フィート(約24キロ)上空へと飛び立ち無事帰還した。送り出したのは2人のカナダの高校生。気象観測気球は自作のパラシュートとGPSによって打ち上げ地点から122キロ先で見つかった。

画像

画像

 Physorg.comによると、2人はマシュー・ホーさんとアサド・ムハンマドさん。約3万円で昨年9月から約4カ月かけて製作した。気球には4台のカメラを搭載し、97分にもおよぶ撮影に成功した。24キロ上空はジェット機の巡航高度の倍以上の高さ。宇宙まであと少しの距離で、丸い地球を見渡すことができる。


 レゴには「はやぶさ」や「スペースシャトル」など宇宙シリーズも豊富にラインアップされ、国際宇宙ステーションにもレゴブロックが持ちこまれている。また、昨年打ち上げられた木星探査機「アトラス V」にはアルミで削り出された3体のミニフィグが搭載されており、レゴとしてはもっとも遠い場所へ旅立っている。

画像 こちらが現在、もっとも遠くへと旅をするミニフィグ。ローマ神話の神・ジュピターとその妻・ジュノー、そして天文学者ガリレオの3体

関連キーワード

LEGO | 宇宙 | 天文 | カナダ | GPS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー