新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年02月06日 12時52分 UPDATE

せかにゅ:米Toyota、スーパーボウルのTwitterキャンペーンで「スパム行為」と批判される

米ToyotaのTwitterアカウントが、スーパーボウル関連のつぶやきをした人に無差別にリプライを送ったと指摘されている。

[ITmedia]

 米Toyotaがスーパーボウルに合わせたカムリのキャンペーンで、TwitterでスパムをばらまいたとブログメディアThe Next Webが指摘している。

 同社は新型カムリが当たる「CamryEffect」キャンペーンのため、@CamryEffect、@CamryEffect1、@CamryEffect2など複数のアカウントを用意した。これらは初め、認証済みアカウントだったという。これらのアカウントは「#giants」「#patriots」などスーパーボウル関連のハッシュタグや言葉を含んだツイートを投稿したTwitterユーザーに、キャンペーン参加を促すリプライを送ったという。

 認証済みアカウントから無差別にリプライが送られたことに対し、一部のユーザーからは「ひどいマーケティング」「スパムとして報告しよう」など批判する声が上がった。その後Toyotaはリプライの送信をやめており、現在@CamryEffectは認証マークなしの非公開アカウントとなり、@CamryEffect1などほかのアカウントは「凍結済み」となっている。

ユーザーからの批判ツイート

ah_camry.jpg @CamryEffectは非公開に

 ToyotaはThe Next Webに「望んでいないリプライを受け取ったTwitterユーザーにおわびする」「誰かを不快にさせる意図はなかった」とコメント。「われわれはこの経験から学んだ」として、キャンペーンに使ったアカウントは一時的に停止したと述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー