ニュース
» 2012年02月06日 17時06分 UPDATE

今世紀最大!?:節分はトマト祭り+ハロウィンだった 1トンの豆が乱れ飛ぶ「すごい豆まき」体験記

1トンの豆を600人が投げつける「すごい豆まき」に記者も参加。最前線で豆を浴び、痛みに耐えたぞ! ということでその壮絶な祭りの模様をお届けしよう。

[宮本真希,ITmedia]
画像 舞台は東京タワー

 1トンの豆を600人が投げつけるイベント「すごい豆まき」が、東京タワーで2月3日開催された。鬼がパフォーマンスするランウェイを参加者が取り囲むように位置につく。皆、目を保護するためサングラスをかけている。記者も負けていられないと最前線へ。そして……乱れ飛ぶ豆、豆、豆! ぐはっ予想以上に痛い。5秒でブーツの中が豆だらけじゃないか。こうして壮絶な祭りの幕が開けたのである。

 すごい豆まきを企画したのは、ネットベンチャー・クロコス取締役で楽天顧問などを務める小澤隆生さんら、有志のメンバーだ。小澤さんは企画した経緯について「トマト祭りが悔しくてねー」としみじみ語る。ご存知トマト祭りはスペインの伝統行事で、熟した大量のトマトをぶつけ合うというもの。「なんで日本にないのかと。探しましたよ。食べ物を投げていい祭りを」――小澤さん、節分に熱すぎる。

 さらに続ける。「ハロウィンなんてくだらないイベントで盛り上がりやがって! 日本人なら鬼になれ! トマト祭り+ハロウィン、それがすごい豆まきだ!」。なるほど分かりやすい。しかし節分はなんだか地味だ。トマト祭りとの差はどこにあるのか。「答えは簡単、投げる量です!」。こうして、豆の量は1トンという前代未聞のスケールとなった。ちなみに使用する豆は、食用に適さないクズ豆を宮城県の農家から集めたもので、投げ終わった後は堆肥として再利用される。

画像 なぜか狂言のパフォーマンスから始まった

Facebook日本代表も鬼役で登場 「鬼-1グランプリ」

画像

 イベントのメインは、鬼の中の鬼を決める「鬼-1グランプリ」。司会を務めたフジテレビアナウンサー高橋真麻さんと小澤さんの呼び込みで、次々に登場する5組の鬼に対し、来場者が容赦なく豆を投げつける。鬼は首からバケツを下げており、最も多くの豆を集めた鬼が優勝となる。鬼は反撃することなく、数分間ただひたすら豆攻撃に耐え続けるという具合だ。

 1組目にはヤクザコスプレの鬼が登場。初めて現れた敵に対し、参加者は手加減することを忘れて、豆を投げつける。参加者に配られている豆は1人2キロ。紙袋いっぱいに詰まっていてずっしりと重い。それを手の平いっぱいにつかんで力の限り放り投げると、すごい快感だ。ただしステージ近くの記者のもとにも大量に飛んできてとても痛い。目はサングラスで保護したが、ほっぺや手など露出している部分にバチバチ当たる。取材用カメラレンズが傷つくんじゃないかと内心ヒヤヒヤ。ぐぬぬ……。

 続いて登場したのは、IT・ネット企業の代表による「社長鬼」だ。GyaOの川邊健太郎社長、チームラボ猪子寿之社長、ピクシブ片桐孝憲社長、芸者東京エンターテインメント田中泰生社長ら豪華メンバーがずらり。壇上で葉巻をくわえ、札束(のレプリカ)をフリフリし、悪代官のような演技で参加者をあおる。会場のひんしゅくを買った(?)のか、先ほどより勢いよく豆が飛ぶ。それを全身で浴びて痛がる社長鬼。ざまあみやがれ!


画像 ふんぞり返る社長鬼たち
画像 女子大生鬼にも豆が降り注ぐ。ぐへへ

 3組目はかわいらしい「女子大生鬼」が登場し、アラサー高橋アナとにらみ合っている。同じくアラサーの記者(♀)も女子大生鬼には取材を忘れて豆を投げつける。遠慮はしないぜ。ぐへへ。楽しくなってきた。そして4組目に現れたのは「Facebook鬼」。Facebook日本代表の児玉太郎さんらが青鬼姿で会場を盛り上げる。IPO申請で注目を集めるなか、のこのこ出てくるとは良い度胸だぜ。参加者はFacebookに時間を奪われまくっている日頃のうっぷんを晴らすかのように豆を投げつけていた。

画像 こちらIPOを控えた青鬼さんたち

 最後に登場したのは「野球鬼」。元ヤクルトの古田敦也さんとギャオス内藤さんが鬼の角をつけて現れ、会場の盛り上がりは最高潮に。野球解説者なのに「キャンプの仕事を断ってここに来ました!」と、古田さんは気合い入りまくり。その気合いに応えるように、豆が空中を舞う。ステージの床は豆で埋め尽くされて見えないほど。豆が踏みしめられてそこかしこで粉々になっており、辺りに香ばしい匂いが漂う。きな粉を連想して腹が減ってきた。結局は「野球鬼」が最も大量の豆を集め、圧倒的な強さを見せつけて優勝。古田さんは豆まき大使の称号を得て、うれしそうだった。


画像 古田敦也さんとギャオス内藤さんはトラ柄のパンツで気合い充分
画像 降り注ぐ豆、豆、豆

 イベントのシメは、すべての鬼が入り乱れての豆まきタイム。参加者全員が床に落ちている豆まで拾い上げてこれでもかとはしゃぐ。あまりに本気になりすぎたのか、記者の服のポケットや靴の中は豆だらけに。髪の毛や顔にもかけらが付いていたようで、あとで電車のなかで気付き大変恥ずかしい思いをした。これがトマトだったら大変だろうなと、遠くスペインにも思いをはせる。大量の福を呼び込み、充実感に満たされた記者。来年も開催されたら絶対行きたい。そしてトマト祭りのように世界中から参加者が訪れる盛大なイベントになることを願って今後に期待しようじゃないか。

画像 言うまでもないが祭りの後は床が豆だらけだった

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー