新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年02月07日 08時38分 UPDATE

日々是遊戯:クラウドゲーミングとSNSが融合――驚異の次世代ゲームサービス「GFACE」は有力株か

FacebookのようなSNS機能を持ち、なおかつOnliveのようにブラウザでそのままハイエンドゲームがプレイ可能……。これが普及すれば、据え置き機はいらなくなるかもしれません。

[池谷勇人,ITmedia]

クラウドゲーミング時代の到来にまた一歩

 OnliveやGAIKAIなどの登場で注目を集める「クラウドゲーミングサービス」に、近々また新たな有力株が加わることになりそうです。

 現在、海外でクローズドβテスト中の「GFACE」は、従来の「クラウドゲーミング」機能に加えて、Facebookのような強力な「ソーシャル」機能を持っている点が特徴。また人気FPSシリーズ「Crysis」でおなじみのCrytek社が関わっている点でも話題となっています。

画像 「GFACE」のロゴ

画像 クラウドゲーミングとSNSが融合した新しいサービスとして注目を集めています

 公式サイトによると、GFACEで提供されるタイトルは「カジュアル2Dゲーム」から「コア3Dゲーム」まで幅広く、またすべてのタイトルは基本的にインストール不要で、ブラウザ上でそのまま楽しむことが可能とのこと。複雑な処理はサーバー側で行い、端末側は音と映像を受け取るだけ――という仕組みはOnliveやGAIKAIと同じですね。Crytekと言えば「Crysis」シリーズをはじめハイエンドPC向けのゲームで定評がありますが、クラウドストリーミングを使えば低スペックPCでも「Crysis」レベルの3Dゲームが手軽に遊べることになります。もちろん、PCとiPhone、iPhoneとiPadといったクロスプラットフォームプレイにも対応する模様。

画像 専用のプラグインをインストールするだけで、ブラウザ上でハイエンド3Dゲームがプレイ可能に。映像の共有やマルチプレイへの勧誘も手軽に行える模様

 また「GFACE」のもうひとつの特徴が、その強力なソーシャル機能。ユーザーはGFACEで提供されるゲームはもちろんのこと、自分で投稿した写真や、ネット上に投稿されている動画などを手軽にフレンドと共有することが可能。イメージとしては従来のフレンドリスト機能を、もっとSNS寄りにした感じでしょうか。またゲームで遊びながらフレンドとチャットしたり、GFACEからそのままマルチプレイに移行したりすることもできるようです。

 クローズドβテストにはこちらのページから参加登録が可能。アカウントなしでも「Public Cloud」と呼ばれるトップページ部分にアクセスすることができ、写真や動画のシェアなどSNS機能の一部を体験することが可能となっています。

画像 Facebookのように、メッセージや写真、動画などを簡単に共有することができます。

 OnliveやGAIKAIからさらに一歩進んだ次世代のクラウドゲーミングサービスとして注目を浴びそうな「GFACE」。この勢いで普及がもっと進めば、今後ゲーム専用機に代わる新たなゲームプラットフォームとして、クラウドゲーミングが台頭してくる可能性も十分にありそうです。

 公式サイトの「Features」コーナーでは現在、ドラッグ&ドロップをベースとした「GFACE」独自のフレンド管理機能のデモ動画が公開中。残りはすべて「Coming Soon」となっていますが、早くゲーム部分の映像を見てみたいものです。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー