ニュース
» 2012年02月10日 16時16分 UPDATE

JRグループ、「周遊きっぷ」を見直し 一部の周遊ゾーンを終了

全国の観光地に周遊ゾーンを設定し、往復の運賃を割引した「周遊きっぷ」。一部の周遊ゾーンの発売が終了する。

[ITmedia]
画像 利用状況を踏まえて「周遊きっぷ」見直し

 JRグループは、1998年4月1日から全国の観光地に周遊ゾーンを設定し、往復の運賃が割引となる「周遊きっぷ」を発売してきたが、2012年3月31日をもって一部の周遊ゾーンの発売を終了する。利用状況を踏まえての見直しとなる。

 3月31日利用開始分をもって発売が終了する周遊ゾーンは、以下の計19の周遊ゾーン。

  • 北海道ゾーン(10日間用)
  • 札幌近郊ゾーン
  • 飛騨・奥飛騨ゾーン
  • 富山・高岡ゾーン
  • 加賀・能登ゾーン
  • 越前・若狭ゾーン
  • 近江路ゾーン
  • 南紀ゾーン
  • 北近畿ゾーン
  • 山陰ゾーン
  • 岡山・倉敷ゾーン
  • 広島・宮島ゾーン
  • 津和野・秋芳・萩ゾーン
  • 下関・北九州ゾーン
  • 高松・松山ゾーン
  • 徳島・室戸・高知ゾーン
  • 熊本ゾーン
  • 宮崎ゾーン
  • 鹿児島ゾーン

 上記の周遊ゾーンを組み合わせた「周遊きっぷ」については、周遊ゾーン券が3月31日利用開始まで発売される。つまり、周遊ゾーンの有効期間が5日間となっているので、3月31日利用開始分の周遊ゾーン券では、4月4日まで利用できることになる(「北海道ゾーン(10日間用)」は有効期間が10日間となっているので、4月9日まで利用可能)。

 引き続き発売する周遊ゾーンは、次の13の周遊ゾーン。

  • 北海道ゾーン(5日間用)
  • 札幌・道東ゾーン
  • 札幌・道北ゾーン
  • 札幌・道央ゾーン
  • 札幌・道南ゾーン
  • 東京ゾーン
  • 京阪神ゾーン
  • 四万十・宇和海ゾーン
  • 四国ゾーン
  • 九州ゾーン
  • 福岡ゾーン
  • 長崎・佐賀ゾーン
  • 大分ゾーン

関連キーワード

切符 | 割引 | 観光地 | JRグループ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー