ニュース
» 2012年02月12日 11時00分 UPDATE

貞子より怖い?:Siriがどこまでも追いかけてくるホラーなパロディムービー「Psycho Siri」

Siriが「逃げてもムダよ」と殺人鬼のように追いかけてくるパロディムービー「Psycho Siri」がなかなか怖いです。

[ITmedia]

 萌えると評判のiPhone 4Sの「Siri」機能をパロディーにしたホラームービー「Psycho Siri」がYouTubeで公開されています。Siriが殺人鬼のように追いかけてくるという怖い内容です。

 物語は、主人公のネイサンが拾ってきたiPhoneをいじっている場面から始まります。やがて友人のアンドリューがやってきて、拾ったiPhoneを売ろうかという話に。するとSiriが勝手に起動して「アンドリュー、こっちに来て。サプライズがあるの」と話しかけます。Siriはアンドリューの名前を知らないはずなのに……。彼がiPhoneを手に取ると、直後に激しい爆発音が。

ah_horror1.jpg ものすごいSiriの攻撃力

 アンドリューを亡き者にしたSiriは、「私を売る話をしてたみたいだけど、そんなことはさせないわ。さよなら」とネイサンを追い詰めていきます。iPhoneに足が生えてきたり、ディスプレイから銃が出てきたりと、ものすごいスーパーフォンになってます。こんな超高機能なスマートフォンなら欲しい……とつい思ってしまいますが、天井にはりついたiPhoneがSiriの無機質な声で「見つけたわよ」と言うと、未知の生命体のようでちょっとぞっとします。

ah_horror2.jpg ディスプレイから銃が出てきた! 何このスーパーフォン
ah_horror3.jpg ちょっと「遊星からの物体X」みたい

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー