ニュース
» 2012年02月15日 11時40分 UPDATE

アート×テクノロジー:“静”物画なのに動く……! ハイテク絵画が面白い

アートとテクノロジーを組み合わせて、動く静物画を作ったり、名画をインタラクティブにする興味深い試みが行われている。

[ITmedia]

 ぱっと見は果物やツボが描かれた静物画。でも額縁を傾けると、ツボが倒れ、果物がころころと転がっていく――アーティストが作った「Still Life」が面白い。

ah_still1.jpgah_still2.jpg 一見普通の静物画だが、傾けると……

 アーティストのScott Garnerさんが「従来の静物画を第4の次元に持って行く」というコンセプトで作った。絵画に見えるのは実はモーションセンサー付きフレームを取り付けたテレビで、回転式の壁掛けマウントで壁に取り付けている。テレビを動かすと、センサーが傾きのデータがコンピュータに送られ、コンピュータはレンダリングツール「Unity 3D」で傾きに合わせて画面の中を動かす。

Still Life from Scott Garner on Vimeo.

 また、これとは別にゴッホの「星月夜」を、アニメーションを使って動かしたり、タッチ操作できるようにする試みをアーティストのPetros Vrellisさんが披露している。

Starry Night (interactive animation) from Petros Vrellis on Vimeo.

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー