新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年02月17日 19時26分 UPDATE

Facebookのユーザー同士でフリマができる「Whytelist」

Facebookと連携し、ユーザー同士でフリーマーケットのように商品を売買できるサービス「Whytelist」のクローズドβ版がこのほどスタートした。

[笹山美波,ITmedia]
画像 Whytelist。トップページはPinterestっぽいデザイン

 Facebookアカウントを使って商品を売買できるサービス「Whytelist」のクローズドβ版が、このほどスタートした。Facebookを通じて取引相手の顔が見えるため安心感があり、フリーマーケット感覚で利用できる。

 出品するにはFacebookアカウントでログインし、ショップ登録する。各商品ページには価格や配送方法といった基本情報のほかに、出品者のメッセージを掲載する「Story」欄や出品者のアイコンが並ぶ。「LOVE it!!」ボタンで商品をお気に入り登録できるほか、出品者の「Fanになる」機能も備えた。

 コンセプトは「どこで買うかではなく、誰から買うか」。Facebookと連携しているため、一般的なオークションサイトに比べて匿名性が低く、購入前に売り手の人となりが分かって不安を解消できると、運営元Whyteboardの碇和生社長は語る。Story欄には、商品に込められたストーリーを共有することで売り手と買い手をつなぐ狙いがある。

 出店料や月額費用はなし。取引が成立すると、売り手と買い手の両方が価格の10%を手数料として支払う成果報酬型モデルを採用している。支払いはPaypalかクレジットカード。出品者に対しては商品が売れるともらえるポイント(1円=1ポイント)制度があり、換金したり、商品の購入にあてたりできる。ポイントを使って購入する場合は価格が5%引きとなる。

 現在はクローズドβ版のため、参加するには公式Facebookページを「いいね!」し、招待ページに書かれたURLとID・パスワードでアクセスする。3月前半に正式サービスへ移行する予定で、ショップページの画像を変更できるようにするなど、機能を順次拡張していく。1年後には会員数5万人獲得を目標としている。


画像 商品の詳細ページ
画像 「MY Favorite」では「Love it!!」した商品が一覧表示される

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事