ニュース
» 2012年02月20日 20時08分 UPDATE

これは鬼だ:激ムズ! 傾いてネットが動く卓球台

傾いたり、ネットが動いたりする卓球台「Swing Pong」。卓球が次のレベルに進化する?

[ITmedia]

 飛んできたピンポン球を打ち返そうとしたら、卓球台がいきなり傾いて球が予想外の方向に――そんな激ムズな卓球台「Swing Pong」をアメリカのエンジニアが開発しました。

ah_pong.jpg

 Swing Pongは空気圧で左右に傾くようにできており、リモコンで操作できます。デモ動画では審判がリモコンで卓球台を操作していますが、選手がそれぞれ片手に持って使うことも可能。片手にラケットを持ってピンポン球を追いながら、もう片方の手でリモコンを操作するという高度な技が必要になります。

 さらにネットが電動式になっていて、スコアに応じて負けているほうが有利になるように動きます(デモ版ではネットが固定されていますが)。点を取れば取るほどネットが近くなるというわけです。その上、リモコンで操作可能なカメラのフラッシュがついていて、目くらましもできるというエグい仕様。

Swing Pong Match from Robb Godshaw on Vimeo.

 自分ではプレイできる自身が全くないですが、この台で強い選手同士の対戦を見るのは面白そうです。

関連キーワード

動画 | スポーツ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー