新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年02月22日 10時31分 UPDATE

せかにゅ:これが中国の“元祖”iPAD?

中国でiPadの商標を持っていると主張している唯冠科技(Proview Technology)が作っていた元祖(?)iPadは、タブレットではなくiMac的でした。

[ITmedia]
ah_prov.jpg Proviewの資料

 商標権をめぐる問題から、中国広東省でiPadの販売を禁止する裁判所命令が下されたと報じられています。中国のIT企業・唯冠科技(Proview Technology)がiPadの商標権を主張して訴訟を起こしたためですが、ではProviewのiPadはどんなものなのでしょうか?

 Proviewは先日、記者会見で同社の「iPAD」の資料を披露。iPADは「Internet Personal Access Device」の略で、見た目はタブレットではなく、初代のiMacに似たオールインワンコンピュータです。中国のテクノロジーブログM.I.C.Gadgetによると、1998〜2009年まで1万〜2万台売れたということです。同ブログは、National SemicondustorがProviewとiPADを共同開発するという2000年4月16日付けのプレスリリースが残っていると指摘しているほか、iPADの現物分析も行っています。

ah_prov2.jpg iPAD分析記事も

 ProviewはiPadの商標を2000年ごろに登録したと主張。Appleは2009年にProviewの子会社からこの商標権を購入済みとしていますが、Proviewは中国では同社が商標権を持っていると主張しています。Proviewは中国各地で裁判を起こしていく意向ですが、同社は多額の債務を抱えているとも言われ、Appleとの示談による解決を求めています。

関連キーワード

中国 | Apple | 商標 | せかにゅ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー