ニュース
» 2012年02月29日 16時44分 UPDATE

バンダイ、「ガンプラ」のパッケージ複製原画をアート作品に

ガンプラのパッケージ複製原画をアート作品として販売。「ガンプラボックスアートコレクション」、3月28日午後1時より受注開始。

[ITmedia]

 バンダイは、1980年より販売している「ガンプラ」のパッケージ複製原画を「ガンプラボックスアートコレクション」として数量限定販売する。第1弾は6種、第2弾は6種で各3万1500円。

 「ガンプラボックスアートコレクション」は、ガンプラのパッケージに描かれた原画をジークレープリント(最新のコンピュータ技術を使った原画を極めて精密に複製できる版画技法)により忠実に再現したアート作品。

画像画像 左は1980年7月に発売された「1/144ガンダム」のプラモデルとパッケージ
(C)創通・サンライズ

 ラインアップは、80年代前半の第1次ガンプラブームの際に発売された12作品で構成した。商品は額装入り仕様で、エディションナンバー入り。原画の解説カードが付属する。いわゆる第1次ガンプラブーム時のパッケージ原画は、すべて手書きで描かれていた。

 「ガンプラボックスアートコレクション」の第1弾注文受付は3月28日午後1時から。バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」内、「ホビーオンラインショップ」で開始する。

 なお、商品の発売を記念して、3月16日から26日まで渋谷パルコ パート1・6Fパルコファクトリーにて「ガンプラボックスアート展」を開催する。会場では「ガンプラボックスアートコレクション」の展示、先行販売のほか、貴重なガンプラパッケージ原画を公開する。

画像 「ガンプラボックスアートコレクション」は12種(第1弾6種、第2弾6種)。各3万1500円。額装済み複製原画(エディションナンバー、解説カード入り)で、額装サイズは幅395×高さ515ミリメートル。各100枚の限定で販売される。第1弾の注文受付は3月28日午後1時から。第2弾は夏ごろを予定している。商品のお届けは第1弾が5月下旬

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 懐かしき「面白Flash」時代、思い出に残る数々の名Flash作品を振り返ってみた

  1. これが画伯の力……! はいだしょうこ、草原で歌う爽やかなCMを一気に“画伯ワールド”へ引き込んでしまう
  2. くじ「BIG」で宇宙誕生レベルの奇跡が起こる 運営側「全くの偶然」 確率は0.0000000000000000000000000000001%以下
  3. ボーナスステージで壊されない……だと……!? ストIIとトヨタ「C-HR」がコラボ、車で一方的にボコられるベガ様をごらんください
  4. ビクセン公式Twitterが「けものフレンズ」ブームにのった宣伝で社長に呼び出される→説明を聞いた社長「アニメも観てみますね」とフレンズ化の道へ
  5. ちくわみたいなキツネがTwitterで話題に ぽっかり開けたお口と焼色に「ちくわにしか見えなくなった」
  6. “筋肉アイドル”才木玲佳のムキムキチャイナ服姿に「春麗だ」「かっこいい…でも…かわいい」と反響
  7. 天使な猫ちゃんに癒される ヒーターを消したら急須に移動した子猫がたまらないかわいさ
  8. 天敵に追われピンチになるも…… 「タコVSカニ」の戦いの結末が予想外だった
  9. 「なんだただの焼き立てロールパ……ん!?」 思わず二度見するロールパン状態の仔ギツネたちがかわいい
  10. 遊戯王カードに大きなルール変更 取引額暴落との噂も、ショップ店員「影響は2割程度のカードだけ」 ブックオフも買い取りを再開

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー