ニュース
» 2012年03月01日 17時40分 UPDATE

新卒同期が創業メンバーに:新卒社員が入社と同時に起業できる ドリコムが新制度「スタートアップ ボーディング」

新卒社員が入社と同時に起業できる――ドリコムがこんな業界初の制度を始めた。

[ITmedia]
画像

 ドリコムは3月1日、新卒社員が入社と同時に起業できるよう支援する「スタートアップ ボーディング」制度を新設した。2013年の新卒採用に参加する学生を対象に募集している。学生発のベンチャーとしてスタートした同社ならではの企画だ。

 起業意欲のある学生を集め、ドリコムのグループ会社となる法人の立ち上げに挑戦してもらう。ドリコムは資本金3000万円のほか、サービスの企画・開発ノウハウをフィードバックしていく。

 特設ページに「最高の創業メンバーと出会う創業チーム組成支援プロジェクト」と説明があるように、インターンシップではなく、同期メンバーで実際に起業してもらう「業界初」の取り組みだ。

 ドリコムは、内藤裕紀社長が学生時代の2001年に設立。10年の節目を迎え「改めてその起業家精神を体現していく」ため、今回の制度を始めたと説明している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう