ニュース
» 2012年03月06日 11時40分 UPDATE

飲めるし食べられる、牛肉でできたストロー

ビーフスティックをブラッディ・マリーにつけたらおいしいだろう――“牛肉ストロー”はそんな思いつきから誕生し、商品化されました。

[ITmedia]

 ブラッディ・マリーを飲むための、牛肉でできたストローなるものがアメリカで売られています。

ah_straw1.jpg Benny's Bloody Mary Beef Straw

 牛肉ストロー「Benny's Bloody Mary Beef Straw」は、100%ビーフでできており、味付けをしてくん製しています。ストローとして使えるし、もちろん食べることもできます。

ah_straw2.jpg Benny's Bloody Mary Beef Straw

 どうしてこんな不思議なものができたのかというと、販売元の社長のベン・ヒルコさんが、ビーフスティックを食べていたときに、ブラッディ・マリーにつけたらおいしいのではないかと思いついたのがきっかけだとか。スティックではなくストローの形にしたのは、ブラッディ・マリーが牛肉にしみこんでジューシーになるだろうと考えたため。自宅で作ってみたら、友人や家族に好評だったため、商品として売ることにしたそうです。

 ビーフストローは店舗のほかネットでも販売しており、5本入り4パックで22.95ドルからとなっています。さまざまなフレーバーも提供する予定です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう