新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年03月09日 09時47分 UPDATE

体温で携帯を充電できるようになる? 「Power Felt」を米大学が開発

体温で発電できる「Power Felt」があれば、着るだけで発電できる服が実現するかも。

[ITmedia]

 体温を電気に変えられる熱電素子「Power Felt」をウェイクフォレスト大学の研究者が、開発しました。もしかしたら将来、服を着るだけで発電して、携帯を充電――なんてことが実現するかもしれません。

ah_felt.jpg

 Power Feltは微細なカーボンナノチューブと柔軟性のあるプラスチック繊維を使った2インチ(5センチ)四方の布のような形状で、気温と体温のような温度差を利用して発電します。服に付けたり、自動車のシートに使ってバッテリーを充電したりといった用途が考えられます。

 これまでの熱電素子はコストが高いのが欠点でしたが、Power Feltはいつか1ドルで携帯電話のカバーに付けられるようになると開発者は考えています。まだ実用化できる段階には遠いですが、研究チームのコーリー・ヒューイットさんは、ジャケットの内側にPower Feltを付けて、外気との温度差を利用して発電し、iPodの充電に使えるようになると想像していると語っています。

関連キーワード

発電 | バッテリー | 携帯電話 | 開発者 | 電池 | 電気 | 研究者


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事