新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年03月12日 08時28分 UPDATE

Google、被災地の衛星写真を更新 爪痕残るが希望も

「復興の槌音は止みませんが、希望もまた、空から同時に読みとることができます」――Googleは新たな衛星写真についてこう述べている。

[ITmedia]

 Googleは3月11日、東日本大震災の被災地の衛星写真を最新のものに更新した。

ah_map1.jpg 撮影地域

 更新した地域は、青森県八戸市から茨城県日立市にかけての沿岸部。2012年2月から3月上旬にかけて撮影した。航空写真ではまだ津波の爪痕が見られるが、壊れた橋が再びかけられているなど、復興の様子も見ることができる。「復興の槌音は止みませんが、希望もまた、空から同時に読みとることができます」とGoogleは述べている。最新の衛星写真はGoogle EarthとGoogleマップで見られる。


大きな地図で見る

 同社は震災の際に立ち上げた、災害関連情報を集めた特設サイトを常設することを決定し、「災害時ライフラインマップ」や、Google外部の視点から危機対応を検証する「東日本大震災と情報、インターネット、Google」も開設している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事