新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年03月13日 09時51分 UPDATE

国境なき記者団、最新の「インターネットの敵」リストを公開

ネットの検閲や規制を行っている国家“インターネットの敵”を国境なき記者団が公表。中国などいつもの顔ぶれに加え、フランスが初めて「監視対象」となった。

[ITmedia]

 国境なき記者団は3月12日、毎年恒例の「インターネットの敵」リストを発表した。ネットの検閲や監視を行っている国を挙げている

ah_cencor.jpg 黒がネットの敵、赤が監視対象

 インターネットの敵として挙げられたのは、ミャンマー、中国、イラン、北朝鮮、シリアなど12カ国。いずれもアクセス遮断やネットの検閲、ブロガーの投獄による言論の弾圧などを行っている。

 敵とまでは行かないが、要注意の監視対象国としては、オーストラリア、エジプト、フランス、インド、ロシア、韓国、スリランカ、タイなどが挙げられている。国家的なWebフィルタリングシステムの導入といったネット規制を計画していることなどが理由。フランスは昨年初めて名前が挙がったが、今回も引き続き監視対象国となっている。フィルタリングの推奨や、ジャーナリストへの情報源開示の圧力を強めていることが指摘されている。

インターネットの敵監視対象
バーレーンオーストラリア
ベラルーシエジプト
ミャンマーエリトリア
中国フランス
キューバインド
イランカザフスタン
北朝鮮マレーシア
サウジアラビアロシア
シリア韓国
トルクメニスタンスリランカ
ウズベキスタンタイ
ベトナムチュニジア
 トルコ
 UAE

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー