ニュース
» 2012年03月14日 12時06分 UPDATE

ねとらぼノート作ったった:レーザーカッターで工作できるものづくりカフェ「FabCafe」に潜入! オリジナルノートを作ってみた (1/2)

ふと作品のアイデアを思いついたら、業務用レーザーカッターで短時間で製品を試作できる――そんなデジタルものづくりカフェ「FabCafe」で、ねとらぼのロゴをノートの表紙に彫ってきた。

[笹山美波,ITmedia]
画像 FabCafeの外観

 レーザーカッターで“ものづくり”体験ができるカフェ「FabCafe」が、このほど東京都渋谷区にオープンした。ノートや木材に好きなイラストやロゴをレーザーで彫り、約30分ほどで手軽にオリジナルアイテムを作ることができる。

 オープン前から「日本で初めてレーザーカッターを主役にしたものづくりカフェ」として注目されていたFabCafe。記者も何か作ってみようと、早速店舗に足を運んだ。

ノートの表紙に、ねとらぼロゴを彫ってみた

画像 店の中央にレーザーカッターが置かれている

 FabCafeは渋谷の道玄坂を登り切った辺りにある。店の壁はコンクリート打ちっぱなしで、中には木製のテーブルや椅子が40席ほど並んでいる。大きく取られたガラス窓のおかげで光がよく入り、晴れた日には陽射しのぬくもりが感じられ、おしゃれで雰囲気の良いカフェだ。

 だが普通のカフェとは違って、店内の中央には大きな黄色いレーザーカッター「UNIVERSAL LASER SYSTEM VSL6.60」が置いてある。これがFabCafeの大きな特徴。身長175センチの記者が両手を広げても、機械の端から端まで届かないくらいのビッグサイズで、通常は数百万もする高価な業務用機器だ。見渡すと、レーザーカッターで作ったメニューの看板や作品があちこちに飾られている。


画像 大きく取られたガラス窓のおかげで陽射しがよく入る
画像 カフェのレジカウンター。メニューはレーザーカッターで削って作ったもの
画像 店内は結構広い


画像 店内には作品が並ぶ
画像 「FREITAG」にレーザーカッターでロゴを描いたもの
画像 レーザーカッターで作った絵もある

 ものづくりのメニューは、ケシ・クルミなどの木版や色とりどりのアクリル板、ノートの表紙などにレーザーで好きな加工ができる「What Do You Fab? シリーズ」と、1枚のシートに切れ込み加工を入れ、ペーパークラフトのように組み立てて立体作品が作れる「A World in A Sheet シリーズ」の2つを用意している。

 今回記者は「What Do You Fab? シリーズ」で、ねとらぼのロゴをノートの表紙に彫ってみることにした。加工する材料を選んだら、次にカフェが用意したイラストやロゴか、自分で用意したイラストかを選択する。カフェのイラスト素材には希望すれば簡単なメッセージや名前も入れられる。自分で用意したイラストを使うには、Adobe Systemsの「Illustrator」のデータ形式にし、USBメモリーなどで持ち込む。

 デザインを決めたら、専属のスタッフとともにレーザーカッターでどのように彫るかを調整する。レーザーの強さを調整することで、くっきり縁取るように深めに削ったり、浅めに彫ってちょっと影を付けたり、切り落としもできる。同じデザインでも彫り方によってまったく違う仕上がりになる。悩めば悩むほど時間がかかるので、あらかじめ仕上がりをイメージしておくのがおすすめだ。

 ねとらぼのロゴと言っても、ひらがなで「ねとらぼ」の4文字だけなのだが、ここはちゃんとこだわりたい。スタッフのアドバイスを参考に、縁を浅めに掘って内側は切り抜きにし、見栄えが良くなるように調整してもらった。レーザーカッターのふたを開けてノートをセットしたら、準備完了。さて、出来上がりが楽しみだ。


画像 木とアクリル板。迷ってしまうほど色や種類がたくさん用意されている
画像 お店のパソコンで調整をする
画像 「What Do You Fab? シリーズ」の見本

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー