ニュース
» 2012年03月15日 07時00分 UPDATE

大人の余裕に心がトクン!?:ヘタレなのになぜかときめく オヤジの恋愛に特化した電子漫画誌「オヤジズム」の魅力 (1/2)

オヤジが主人公の恋愛漫画だけを集めた電子コミック誌「オヤジズム」がある。20〜30代の女性はもちろん、男性もターゲット。「若いときには出せない何か」にハッとするも良し、共感するも良しだ。

[宮本真希,ITmedia]

 オヤジが主人公の恋愛漫画だけを集めた電子コミック誌がある。エヌ・ティ・ティ・ソルマーレが昨年12月に創刊した「オヤジズム」だ。メインターゲットは20〜30代の女性。作品では色々なオヤジと、読者と同世代の女性が恋に落ちていく。これを読めば、スタイリッシュな大人の男性――“OYAJI”と呼んでいる――に心がトクンとしたり、おどける一瞬の表情にキュンとしたりできるらしい。

画像 オヤジズムの表紙はこんな感じ

 例えば恋仲の男女が言い争うシーンを想像して欲しい。女性は怒って部屋を飛び出してしまう。ここで王道の恋愛漫画なら、男性が走って女性を追いかけ、ガシッと抱きしめたりするものだろう。だが、金壮勲副編集長によると、オヤジズムの場合こうはいかない。大概のオヤジは、青春真っ只中の男子のように全力ダッシュはできないからだ。

 オヤジズムで描くオヤジは女性になんとか追いつき「『おっさんを走らせるんじゃないよ』とやさしく声をかけるんですよ」と金副編集長。恋愛漫画の主人公とは思えないヘタレっぷりだが、リアルで良い。きっと息は上がってぜぇぜぇ言っているんだろう。それでも無理して追いかけてくれるなんて! 結構萌えると思ったのは記者(♀、27歳)だけではないはずだ。

 配信は月1回。クラブで出会った最年長DJとの恋を描く「いちばん長い夜をよろしく」や、金持ちで色気むんむんなオヤジが活躍する「吉祥寺紳士倶楽部」など7作品前後をラインアップしている。同社が運営する電子書籍ストア「地球書店」「コミックシーモア」で販売しており、地球書店では作品ごとに単品購入する仕組み。コミックシーモアでは雑誌形式のパック購入か単品購入かを選べる。

画像 金副編集長(左)と山田編集長
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー