新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年03月15日 11時40分 UPDATE

Siriの音声入力で地図検索やTwitter投稿ができる「Siriランチャー」

「Siriランチャー」を使えば、iPhoneに「○○の本」と言ってAmazonで本を探したり、「○○が食べたい」と言って食べログでお店を探したりできる。

[ITmedia]
ah_siril.jpg

 iPhone 4Sのバーチャル秘書機能「Siri」日本語版の音声入力を使ってAmazonなど各種Webサービスを起動できる「Siriランチャー」が登場した。

 Siriランチャーにアクセスして、iPhoneに向かって話すと、Googleマップの検索やYouTubeの動画検索などができる。例えば「近くの○○(場所の名前)」と言うと、Googleマップでその場所が表示される。同じように「○○の本」と言うとAmazonで本を、「○○が食べたい」と言うと食べログでお店を検索できる。ほかにも「○○をつぶやく」でTwitter投稿ができ、クックパッドでのレシピ検索、楽天での商品検索も可能だ。

 作ったのはWebエンジニアの太田憲治さん。JavaScriptを使っており、テキストボックスを監視してテキストが入力(音声が変換)されたときに、そのテキストから関連するWebサービスのURLを開く仕組みになっている。「Siriは、音声認識率が高いのでその部分を有効に使うと面白いアプリやサービスが作れます」と

 moto_makaさんも、同様の機能を持ったサービス「Siriサポーター」を公開している。

関連キーワード

Siri | 検索 | Webサービス | iPhone | Amazon | Google Maps | YouTube


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー