ニュース
» 2012年03月15日 17時47分 UPDATE

人気の秘密:「MOCO'S キッチン」はこうして生まれた 今日もオリーブオイル多めでお送りしています (2/3)

[宮本真希,ITmedia]

MOCO'S キッチンは「料理のビデオクリップ」

 ZIP!は「ズームイン!!SUPER」の後番組として昨年4月に始まった。情報番組は「昨日起きたことを今日知るというニュースショーの部分が大きい」が、ZIPは「全く新しい朝の情報バラエティーを作ろうと思ってスタート」し、「あのコーナーがあるから起きる」というような特徴ある番組にしたかったと、総合プロデューサーを務める日本テレビ情報エンターテインメント局チーフ・クリエイターの三枝孝臣さんは語る。

 「昔ズームインに『ウィッキーさんのワンポイント英会話』というコーナーがあって、子どもの頃これはどうしても見なきゃと楽しみしていたんです。ZIP!も、ニュースを語る以外の面白いコーナーができないだろうかと考えていた」。

画像 ZIP!ではMOCO'S キッチンと並んでアニメ「おはよう忍者隊ガッチャマン」も人気

 アイデアを巡らせていたとき、三枝さんは別の仕事でもこみちさんのマネージャーと話す機会があり、もこみちさんが料理好きであることを知る。「中学生くらいから料理をやっていて、レシピ本も書いていると聞いて。マネージャーさんが『意外でしょ?』って言うから、そのままアイデアを頂いたんです」。

 初めてMOCO'S キッチンを収録するとき、三枝さんはもこみちさんの手際の良さを見て「いける」と確信した。「イケメンの料理っていうと、リアリティーがないことが多いんですが、もこみちさんは包丁さばきもプロ顔負けだったので、そういう面をうまく出せればと思った」という。

 意識しているのは「ただの料理コーナーではなく、料理のビデオクリップを作ろう」ということだ。もこみちさんがかっこよく、カラフルな料理を作る。その過程をエンターテインメントとして視聴者に伝え、楽しんでもらうのが狙いだ。

 「おいしそう! すてき!」と思ってもらえればOKだから、分量の説明は必須ではない。「詳しく作りたい方はネット配信している動画を見るか、そのうち出すレシピ本を読んでもらえればと考えていた」。その代わり、もこみちさんをかっこよく映すことにはこだわっており、身長の高いもこみちさんに合わせ、高めの調理台を用意したり、手元だけでなく下から真剣な表情を映したりしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう