新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年03月22日 15時52分 UPDATE

ガンダム立像に新たな演出――「ガンダムフロント東京」の施設やカフェメニューなど一部公開

お台場に当たり前のように立ちすくむガンダム立像をもう見ましたか? オープン間際の「ガンダムフロント東京」の施設やメニュー、グッズ詳細が一部公開された。

[ITmedia]

 4月19日にオープンする「ガンダムフロント東京」の詳細が分かってきた。

 バンダイとサンライズ、創通の3社により設立されたガンダムフロント東京有限責任事業組合は、臨海副都心エリアに開業予定の商業施設「ダイバーシティ東京 プラザ」内7階に「ガンダムフロント東京」をオープンする。

 1979年に放送された「機動戦士ガンダム」以来、いまなお愛され、新たなガンダムの物語が紡がれるガンダムワールドを体験・体感できる有料施設(一部無料)が「ガンダムフロント東京」だ。2009年夏に「機動戦士ガンダム」放映30周年を記念し、お台場・潮風公園に52日間で約415万人を動員、都市の緑化推進を目的として開催された「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」から3年、再びお台場に帰ってきた実物大のガンダム立像が目印として起立する。

 今回の実物大ガンダム立像「RG1/1 RX-78-2ガンダムVer.GFT」は、新規デカールが施され、細部にディテールアップパーツを追加。足首、膝、ひじの関節部分に円形のパーツを追加し、「マグネットコーティング」というアニメ上の設定を再現している。3月20日の段階ではすでにガンダム立像は稼働検証まで行われており、記者が見守っていた時には首を上下に動かす試験が行われていた。

画像画像 お台場のゆりかもめからも見える実物大ガンダム立像「RG1/1 RX-78-2ガンダムVer.GFT」。すでにデカールも施され、稼働試験が行われていた。ゆっくりと首を上下に動かしていた(3月20日現在)

 こちらの立像、夜間には「ダイバーシティ東京プラザ」壁面に約32×11.5メートルの映像を投影するとともに、新たなライティングが施される予定で、新感覚ビジュアルエンターテインメントが楽しめるという。

画像 「RG1/1 RX-78-2ガンダムVer.GFT」夜間ライトアップ+壁面演出イメージ

 「RG1/1 RX-78-2ガンダムVer.GFT」は、東京都の緑の施策の推進と第29回全国都市緑化フェアTOKYO(9月29日から10月28日開催)のPRにも協力し、「TOKYOガンダムプロジェクト2012」を展開する。

 また、「ガンダムフロント東京」内施設としては、迫力の映像が楽しめる直径16メートルの特設巨大ドーム「DOME・G(ドーム・ジー)」(有料ゾーン)が目玉。6台のプロジェクターと13台のスピーカーが設置されたドームには、高所クレーンからのガンダム立像実写映像や、天球全体に広がる過去のガンダムシリーズの名シーン、そしてディテールアップされたRX-93 νニューガンダムなど新作CGイメージが投影される。

 ほかにも「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のストライクフリーダムガンダムが1/1サイズの胸像で展示される「RG1/1 ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム Ver.GFT」(有料ゾーン)、過去の作品の画像やキーワードを検索できる「アーカイブカウンター」(有料ゾーン)、宇宙要塞「ア・バオア・クー」を約1/3000スケール(高さ約4.5メートル、直径約3メートル)で再現したゾーン(有料ゾーン)、ガンプラ1000体以上を展示した「ガンプラTOKYOトーキョー」(無料ゾーン)などが設置される。

画像 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のストライクフリーダムガンダムの1/1サイズ胸像「G1/1 ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム Ver.GFT」

画像 アーカイブカウンターは、ガンダム全作品からタッチパネルで簡単に情報を抽出できるテーブル型アーカイブマシン。その操作状況は壁面に大きく映し出される

画像 エクスペリエンスフィールド内壁面への映像投影のためのプロジェクタータワーとして、「機動戦士ガンダム」の最後の戦闘の舞台となった宇宙要塞「ア・バオア・クー」を再現

画像 1980年から現在までに発売されたガンプラ1000体以上を展示。これだけのガンプラがそろうのは「ガンプラTOKYOトーキョー」だけ

 また、併設される「GUNDAM Cafe ダイバーシティ東京 プラザ店」では、ここ限定の「ガンプラ焼 シャアザク」(190円〜)や「ガンダムカフェラテ(ガンダム、ザク、アッガイ)」(各380円)など約10種のテイクアウトフードと約15種のドリンクを提供する。限定キーチェーンやマグカップ、「人形焼連邦バージョン」(6月発売予定)など、約35種のオリジナルグッズも販売される予定だ。営業時間は午前10時〜午後9時。

 「ガンダムフロント東京」のオフィシャルグッズも用意される。ガンダム立像のマグネットコーティングを再現した「HG 1/144 ガンダム Ver.GFT」や「メガサイズモデル 1/48 ガンダムVer.GFT」など、全5アイテムを発売。他にもアパレルや雑貨、菓子などの限定商品も販売。「ガンダムフロント東京公式パンフレット」(仮)の発売も決定した。

 ガンダムフロント東京の有料ゾーン入場料は、大人(一般・大学生・高校生)1000円、小人(中学生・小学生)800円、未就学児童は無料となっており、チケットは日時指定の予約制とのこと。翌々月分のチケットを毎月1日より先行予約し、15日より一般発売を開始する。

画像

(C)創通・サンライズ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー