ニュース
» 2012年03月23日 22時20分 UPDATE

曲がり角の向こうを写せるカメラ、MITが開発

MITが曲がり角の向こうを撮影できるカメラを開発。将来は曲がり角でぶつかって恋が芽生えるフラグがなくなるかもしれません。

[ITmedia]

 曲がり角の向こうが写せるカメラを、マサチューセッツ工科大学が開発しました。この技術が一般的になったら、トーストをくわえて「遅刻遅刻ぅ!」と走ってくる女の子と曲がり角でぶつかる――というラブコメにありがちな場面がなくなるかも?

 開発者はこのカメラで、壁に遮られて見えない位置にある人形の3D画像をとらえることに成功しました。災害対応時に危険があるかどうかの判断や、車のナビゲーションシステムなどの用途に応用できるとしています。

ah_mit.jpg 見えない位置にある人形を撮影

 カメラの仕組みは潜望鏡(反射鏡などを利用して視点の位置を変える光学装置)と似ていて、鏡で光を反射させる代わりに、ごく短い時間発光するフェムト秒レーザーを壁やドアなどに反射させることで物体をとらえます。レーザーの反射をセンサーで感知して、そのデータをアルゴリズムで処理して物体の3D画像を作成。画像はぼんやりとはしていますが、形がちゃんと分かるようになっています。

 開発者は、今後は画質を高めたり、もっと複雑なシーンを処理できるようにしたい考え。将来は、警察が突入前に屋内を確認したり、車のナビゲーションシステムが曲がり角の向こうを見通すなどの用途や、医療機器に使われるとみています。研究の成果は学会誌「Nature Communications」に掲載されています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー