新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年03月27日 15時41分 UPDATE

うどん県副知事と共演も:お好み焼き、カキ、広島カープ……「おしい!広島県」をPRするサイトが気合い入りまくり

広島県がかなり気合いの入った観光サイトをオープン。「広島『風』って呼ばれてる お好み焼き」「旬は短い年中食べれん 広島カキ」と同県の惜しい状況を認めつつ、「けどあんたが来ればきっと変わる。おしいはおいしいの一歩手前♪」と呼びかける内容だ。

[ITmedia]

 広島県は3月27日、観光キャンペーンサイト「おしい!広島県」をオープンした。豊富な観光資源があるのに全国的にあまり知られていないという、広島県の“おしい状況”を打破し、魅力をアピールしていく狙い。PR動画には、観光大使に任命された同県出身のお笑い芸人・有吉弘行さんや、あのうどん県副知事も登場していてかなり気合いが入っている。

画像 おしい!広島県。お好み焼きは「店舗数日本一なのに『広島風』と言われる……」とどこか悲しげ

 以前から話題になっていたティザーサイト「広島県から大切なお知らせ」が本格始動した。トップページでは、タキシード姿の有吉さんがお出迎え。もみじまんじゅう、お好み焼き、平清盛、カキなど、広島の観光資源が紹介されている。全国的に有名なものばかりだが、一体どこが“おしい”というのか? その答えはPR動画にあった。


 PR動画は、広島県のおしい所をノリノリで紹介する内容。「広島『風』って呼ばれてる お好み焼き」「日本一って知らなんだ 広島レモン」「優勝させたいなあ 広島カープ」「最後の最後で源氏に敗れた 平清盛」「旬は短い年中食べれん 広島カキ」「同じタコでも占いできない 三原タコ」と高らかに歌っており、これだけ聞くとちょっぴり残念感が漂う……。

 だが広島県はめげない。「そうさ広島はちょっとだけおしい」と開き直り、「けどあんたが来ればきっと変わる。おしいはおいしいの一歩手前♪」と前向きにアピールしているのだ。うどん県副知事の要潤さんも「一緒に瀬戸内を盛り上げましょう」と動画に登場。同県出身の西城秀樹さんや、前大阪市長の平松邦夫さんまで出演しており、かなりの豪華メンバーとなっている。

 キャンペーンサイトには、同県の観光資源を紹介する「広島県おしい名鑑」があり、それぞれにいいね!ボタンならぬ「おしいね」ボタンが付いている。「おしいね」が一定数たまると「おいしい!認定」マークが付く仕組み。広島県は、ユーザーの清き一票で「おしい」から「おいしい」県に生まれ変わることができるだろうか……!?

画像

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事