ニュース
» 2012年03月30日 12時30分 UPDATE

復興支援:三陸鉄道の乗車券つき、車両型パッケージのキットカット発売

パッケージに列車を描いたキットカット「ネスレ キットカット キット、ずっと号」が登場。三陸地方の復興を支援する「キット、ずっとプロジェクト」の一環だ。

[ITmedia]

 三陸鉄道とネスレは3月30日、乗車券付きキットカット「ネスレ キットカット キット、ずっと号」を発売した。4月1日に三陸鉄道の陸中野田-田野畑間の運行が再開することを記念した製品。

ah_kit1.jpg

 三陸地方の復興を支援する「キット、ずっとプロジェクト」の一環で、4月1日から一部で運行開始する車両「キット、ずっと号」をイメージしたサクラアートのデザインをパッケージに施した。商品内部は久慈駅の橋上駅長監修の下、三陸鉄道の観光向けお座敷列車「さんりく・しおかぜ号」の内装を再現し、掘りごたつ式テーブルや畳敷きのフラットシートなどを描いている。

 中にはキットカットミニ10枚に加えて、組立式の備品類やキャラクター人形、三陸鉄道で利用できる300円相当の乗車券が入っている。人形は三陸案内人の阿藤 快さん、三陸鉄道のキャラクター「さんてつくん」、橋上駅長など。乗車券の有効期限は、全線復旧から1年後の2015年3月31日に設定されている(全線復旧は2014年4月の予定)。

ah_kit2.jpg
ah_kit3.jpg

 価格は999円。1000個限定で、販売は三陸鉄道ネスレのオンラインショップのみ。両社はこの商品を通して三陸鉄道の魅力を伝えて、多くの人に観光に来てほしいと考えている。

関連キーワード

Nestle | キットカット | 復興 | 支援


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう