新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年03月30日 21時58分 UPDATE

日々是遊戯:ゲーセンは不滅だ! 日本のゲーセン文化に魅了された海外ファンがドキュメンタリー映画を制作中

80年代から90年代にかけ、ゲームセンターはゲーム業界の最先端だった。そんなゲームセンター文化を後世に伝えるため、海外のファンが立ち上がった。

[池谷勇人,ITmedia]

タイトルは「100 Yen(100円)」

 日本のゲームセンター文化を後世に伝えるべく、海外のゲームファンがドキュメンタリー映画を制作中だ。

 タイトルは「100 Yen: The Japanese Arcade Experience」。クラウドファンドサイト「indiegogo」にて出資者を募っており、目標額は2万ドル。現時点(残り52日)での出資総額は約1万1000ドルとなっている。

100 Yen: The Official Story Trailer from Strata Studios on Vimeo.


 日本のゲームセンターがテーマでありながら、作っているのが日本人ではなく海外のゲームファンという点が面白い。スタッフはこの映画のために、日本、カナダ、アメリカの3カ国でロケを敢行。秋葉原や池袋などの主要なゲームセンターはもちろんのこと、大阪や福岡でも取材を行ったという。

 映画では、シューティングゲーム、格闘ゲーム、音楽ゲームの3ジャンルにそれぞれスポットを当て、日本のアーケードゲームがどのように進化し、どのように遊ばれてきたかに迫っていく。梅原大吾氏をはじめ、各ジャンルのトッププレイヤーや、メーカー・クリエイターにもインタビューしており、かなり深い内容となっていることがうかがえる。

画像

画像

画像

 indiegogoでは15ドルより出資を受け付けており、完成のあかつきには、出資者は映画のデジタルコピーを無料でダウンロード可能。以降、35ドル、50ドル、70ドル……と出資額が増えるに従って、DVDやTシャツなど付属の特典が増えていく仕組みだ。

 英語、日本語、フランス語、スペイン語の4カ国語に対応している点も嬉しい(初回リリースは英語と日本語のみ)。公開されているトレーラー映像にもちゃんと日本語字幕が付いているので、興味がある人はぜひ見てみてほしい。

 近年では苦戦が報じられることも多いが、ゲームセンターなくして日本のゲーム文化がここまで花開くことはなかったと言ってもいい。「だからこそゲームセンター文化を後世に伝えなければ!」と名乗りを上げたのが、海外のゲームファンだったというのもちょっと複雑な気分だが……。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事