ニュース
» 2012年04月02日 14時56分 UPDATE

敵の敵は味方――「キライなもの」でつながるFacebookアプリが賛否両論

「enemy graph」というFacebookアプリがリリースされ、話題となっている。これ、みなさんはアリだと思いますか?

[ITmedia]

 「enemy graph」というFacebookアプリが海外で話題になっている。ヒト、モノ、場所、企業、コンテンツ、アプリなどなど、自分のキライなものを登録しておくと、同じくそれを嫌っている人とつながり合うことができる。まさに「敵の敵は味方」を体現するアプリだ。

画像 アプリのメイン画面。中央に自分が登録した「敵」が登録される

 登録できるのは「フレンド」「ページ」「グループ」の3種類。と言っても、今や大抵のものはページが作成されているので、実質ほぼ何でも登録することが可能だ。登録した後は、どれくらいキライかを5段階で評価したり、特にキライなものは「宿敵」に設定したりもできる。

 現在、「Top Enemy」にランキングされているのは、歌手のジャスティン・ビーバー。他にも日本人に馴染みが深いものだと、インターネットエクスプローラーやApple、マクドナルドなどが上位にランクインしている。

画像 試しにうちの編集長を登録してみた。あ、あくまで試しにですよ!

 開発したのは、テキサス大学のDean Terry准教授。Facebookには「いいね!」ボタンはあるがその逆はない。好きなものでつながるだけでなく、嫌いなものでつながるコミュニケーションが許容されてもいい――というのがアプリを開発した動機だという。

 とは言えDean氏は、「おそらくFacebookはこのアプリを取り下げようとするだろう」と予測。Facebookユーザーからも現在、賛否様々な意見が寄せられているようだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう