新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年04月12日 19時39分 UPDATE

ドリコム新オフィスに潜入 畳のスペースにおしゃれなカフェ 「ずっといられるオフィス」目指す (1/2)

ドリコムが東京・目黒の新オフィスをメディア向けに公開。コミュニケーション促進のためワンフロアに81もの会議スペースを設け、paperboy&co.創業者の家入氏の会社がプロデュースしたおしゃれな社内カフェも設置した。

[笹山美波,ITmedia]
画像 エントランス

 ドリコムは4月12日、2日に移転した東京・目黒の本社オフィスをメディア向けに公開した。「コミュニケーション」をコンセプトに掲げた新オフィスには、大小81カ所のミーティングスペースや、社員同士が集まって話せる社内カフェも設置した。

 事業拡大に伴う人員増加に対応するため、高田馬場にあった以前のオフィスから移転した。新オフィスはJR目黒駅から徒歩約5分の「目黒雅叙園アルコタワー」にある。従業員数は現在193人。2008年に高田馬場に移ったときは60人だったが、昨年から1カ月当たり10〜15人増える状況が続いている。それだけの増加ペースにも対応できる広さ(約2900平方メートル)という。

 以前のオフィスでは2つの向かい合うビルに1部屋ずつ借りていたが、社員同士のコミュニケーションをより円滑にするため、昨年8月に移転を決めた。同じビルにはアマゾンジャパンやウォルト・ディズニー・ジャパン、ポルシェジャパンもオフィスを構えており、スポーツジムもある。17階にあるオフィスの窓から眺める景色は大変よく、レインボーブリッジや東京タワーも見える。


画像 眺めも良好
画像 来客用の待合室


画像 移転を祝う胡蝶蘭が並ぶ。グリーの田中社長からも贈られていた
画像 オリジナルラベルのミネラルウォーターも作った

 コミュニケーション円滑化のため、執務室内のミーティングスペースを大幅に増やした。すぐに会議が始められるよう、デスクのすぐ近くに設置している。ざっくばらんに話し合いができるようにと、ファミレスのような座席スタイルの「ファミレススペース」や、畳の上でくつろぎながら会議ができる「たたみスペース」を設けた。立ったままホワイトボードを使って打ち合わせできる場所も用意。ほかに、葉っぱ型の屋根でデスクを囲った「集中スペース」も。エンジニアが集中してコードを書けるようにと設けた。

 執務室内には男女別の「リフレッシュスペース」もある。柔らかいソファや寝椅子、マッサージチェアを置き、配置した男女別々に用意。アロマを炊いたり、リラックスできるBGMをかけられる設備もある。


画像 ファミレススペース。ミーティングスペースにはかんきつ類の名前が付けられている
画像 たたみスペースは社員にとても好評
画像 立ったままホワイトボードを使って打ち合わせできる


画像 集中スペース
画像 広く見通しの良いワークスペース
画像 企業理念が書かれたポスターも


画像 リフレッシュスペースには柔らかいソファやマッサージチェアが
画像 アロマも炊ける
画像 リラックスできるBGMもかけられる

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー